Home > 11月, 2012
2012.11.30

ロゴマークの世界観!

かれこれ数カ月間かけて・・・造っては違う?造っては違う?と、想像に創造の繰り返しを、

デザイン室メンバーを困らせている時間もようやく終了して、一先ず『私達が描く世界へ』と完結しました!

穏やかな神戸港、雄大な六甲山と、そこに沢山の想いや希望や未来が納まっている『世界観と目標・目的』の始まりです。(※本業ながらも・・・ロゴマークに、ココまで向き合い、ココまで悩み、ココまでの時間がかかったのは、きっと!なにか意味を持っているような気がします。)

From : Mikage coffee Labo.

2012.11.29

スペシャルティ?スペシャリティ?

私達がご提供しようと選定している「2種類のシングルオリジンのコーヒー豆」に対して、スペシャルティ?スペシャリティ?と、LABメンバーとの議論となり・・・(笑)。

先人や協会や業界を気にし過ぎる必要はない!結論は、学んできたこと、研究してきたこと、それをふまえてLABメンバー独自の定義をしっかり持つことが大切、向う方向はお客様の理解と愛が大切。と言う事で、私達はスペシャリティコーヒーと・・・どうしてですか?スペシャルティは、愛が抜けているから、愛があった方がイイよね。単純だけど、愛(I)がある方が気持ちがイイし空気感がイイよね~と、ここ数年の定義に捉われ過ぎて空気感を失うよりは自分達らしい方がイイよね。言霊はイイ方を選んだほうが気持ちがイイからね!

因みに、アメリカではスペシャルティ/イギリスではスペシャリティ。。。今回は英国を結果的に選びました。

From : Mikage Coffee Labo.

2012.11.28

マグカップで”たっぷり”と!

珈琲を飲みほす際に、口に含む(福む)数は・・・いくつ?(随分・・・と研究しました。)

結果的にマグカップで、たっぷりと飲みほしてもらおうと!辿り着いた「私達のカップスタイル」。

カップを両手で包みこみながら、口に福むお客様の姿が今から”本当に楽しみ”です。。。

From : Mikage Coffee Labo.

2012.11.27

モノ作りの加点主義?減点主義?

モノ作りにあたって「想像から創造」に”Noが無い!姿勢”で、いつも真剣に取り組んで戴けます。いつも・・・いつも・・・この方々(通称:巽グループ)とモノ作りを通じて学ぶことが本当に多くあります。

もちろん!やって出来ない事もあるのですが、先ずは紐解く姿勢がなければ、新しい視界や新しい世界観を掴むことは無論できない。みんな道理はわかっているのですが、なかなか・・・その一歩へ最大限に知恵を使い!ネットワークを使い!不可能を可能にしようとする挑戦を忘れてきてしまう。物事を前へと進めるには、単なる楽観主義でなく前へ開拓する強い意志だと思っています。ポジティブ?ネガティブ?とコーヒーの世界でも、豆の選定や焙煎の選定でネガティブチェックとポジティブチェックがあります。ダメ出しをするだけでは何も生まれず時が過ぎるのみ、なによりもイイところを上手に引き出す!そこの意識がどれだけ大切かを忘れないように心がけています。私達の根底には、「加点主義80%:減点主義20%」で物事を観て進める考え方が基礎にあるからだと思います。また、欠かせないのが・・・このように同じような価値感を備えている外部の”モノ作りメンバー”、特に役割において融合性や結合性”を委ねる事ができる信頼性が必要不可欠なのです。

丁寧に鉋をかけ、丁寧に段取りを組み直し、丁寧に納めようという姿勢は、至福の空気感を味わえます。

開幕までの道のりを、そのようなメンバーのもと『丁寧で真剣な手』で組み立てられていきます。

From : Mikage coffee labo.

2012.11.26

始めました!櫻花の「焼き芋」。

ようやく!美味しい焼き芋の販売を始めました。

焼き芋のお持ち帰り⇒100g:200円~(※種子島の安納芋をベースに、他産地のさつま芋などもご案内していこうと想っています。)恵比寿の街も、随分寒くなってきました!どうぞ・・・”焼き芋日より”を味わいにお越しください。

From : Japanese Ice OUCA Staff.

2012.11.25

Ebesu Burger 8th-Anniversary!

★末広がる「八」へ、無限の「8」へと、えべすさんの福顔を目指して!

日頃、ご愛顧を賜り心から感謝申し上げます。『お陰様で8周年を迎える事ができました!』

ご利用戴く皆さまがハンバーガーを頬張った時に、ふっと微笑む『福顔』になって戴ける事を描き、商品作り及び更なるサービス向上へと邁進していきます。ららぽーと甲子園にお越しの際には、是非!福バーガーを頬張りに・・・お待ちしております!  エベスバーガー スタッフ一同

※『特製チョコチャンククッキー』を11月25日(日曜日)、先着410名様にプレゼント。

12月中旬過ぎに開業予定の、姉妹店「ミカゲコーヒーラボ」で販売をする焼き菓子をご用意させて戴きました!

From : Ebesu Burger Staff.

2012.11.24

ラッキービーンズの『幸運』を!

珈琲豆は通常、”双子ちゃん”で二つの平豆が重なったように生まれてきます!

その中でも3%~5%ぐらいの割合で、”一人っ子ちゃん”が生まれてくるそうです。ラグビーボールの形をあらわすところから通称「丸豆」と呼ばれており、LABメンバーのなかでは・・・・・ラッキービーンズと呼んでおります!!未だに、その丸豆(ピーベリー)の解明は出来ていないようですが・・・出来なくてもイイのでは?四つ葉のクローバーのようにラッキービーンズには、みつける楽しさや嬉しさが一杯ありますように。

そして、謎めく事のなかに幸運が一杯あるように・・・『御影に幸運!(ラッキービーンズより)』。

From : Mikage coffee Labo.

2012.11.23

大自然なか丁寧に育つ珈琲豆。

大自然の中で大切に丁寧に一定期間、「シャドーツリー」という考えのもと育てられています!

代表的な育て方、紅茶のアッサムティー(地方)は平地で育てられる茶葉の為、あえて大きな楓の木を育てシャドーツリーのもと日陰を作り、茶葉を柔らかくして品質の高い味わいを作るようです。そして、代表される日本茶の産地「宇治田原」でもよく見る光景で、黒いシートをかけ強い直射日光をさけ、ひと手間、ふた手間かけ、産地特有の味わい風合いを作っています。お茶、紅茶、そして珈琲、考え方などが似ている事が多く本当に色々と学び「カフェスタイルの根源」へと結ばれていきます。

この夕陽をみて、六甲山に沈む夕焼けと重なり「手を合わせたくなる心境です」。

遠い~遠い~『エルサルバトルの夕日』に感謝です。

From : Mikage Coffee Labo.

2012.11.22

ドメズゥのランチが変わります!

11月下旬より始める!汐留で働く人の「健康的な昼食バランス」をテーマに、少しづつ商品を変更していきます!

先ずは、糖質を低減して美味しく盛り盛り!ランチを食べれる姿を想像した中で・・・大豆をたっぷり絞った温かい豆乳スープに、野菜やお肉をしっかり摂取して戴こうと始める『コブサラダランチプレート』です。

お米の糖質を少しでも低減させるために、十五穀の雑穀を入れ『ゼロスクープ?1スクープ?2スクープ?と』。

★0スクープ・・・野菜とお肉を少し多めに!1スクープ・・・100グラム!2スクープ・・・200グラム!

※ここ最近の体調(食生活)を想像しながら、お申し付けくださいませ!『how many? スクープ!』

From : Domezu Kitchen.

2012.11.21

珈琲の世界で実を結ぶ。

合言葉にしているコト「実がなる方へ」・・・

念じれば花咲くように、良きイメージを描き結びつけ実がなる方へと、一生懸命に想像をして考え尽くし行動に取り組みます。珈琲の木のように、一生懸命太陽のエネルギーや大地からのエネルギーを授かるのと同じように・・・自然摂理の考え方を大切にしているような気がします。

開業まであと1ヵ月!一つ一つの点が線に結び、ゆっくりとしっかりと実が結び始めています。

コト作り、モノ作り、そしてこれから加わってくる仲間との育み!既に鮮やかな「赤い実」が籠の中へと。

※山岳地帯で育てられる珈琲は、このように手積みで籠一杯に!私達のベイシックブレンド珈琲の「実」です。

From : Mikage Coffee Labo.

2012.11.20

秋から冬のアイ・ラブ!お弁当

汐留の街もイルミネーションが灯しび始め、秋から冬へ向け少しずつ変化しています。

身体を包み込むコートやマフラーが必需品となるように、お弁当もケチャップライスの上にオムレツで包み込むように、秋から冬へと表情を変化させています!優しい温もりを「ホット、包み込む」この時期だけの洋食弁当。

From : Japaben Staff.

2012.11.19

京都の風景を持ち帰るお土産。

嵯峨嵐山の風景や空気感を一緒に持ち帰って戴ければと。。。

お土産を渡された方に、へぇ~嵯峨嵐山ってこういう所なのね~と・・・少しでもこの空気感や景色を、持ちかえって戴ただけたらな~と想い始まった!嵯峨野湯の『新しいお土産』です。「ラスクの詰め合わせ」や、もう少ししたら「どら焼きの詰め合わせ」などをご用意していきます。

※訪れた観光名所やお好きな空気感を、是非!お土産で如何ですか。

From : Saganoyu Staff.

2012.11.18

大地を耕し・・・大きな大自然へ。

大地を耕し、種を育て、芽がでて、苗木となり、木となり、共に切磋琢磨と育み、

いつのまにか・・・大きな大自然へと。

御影の大地から、私達が描く目的『新時代』の世界でもありました。

From : Mikage Coffee Labo.

2012.11.17

珈琲の白い花から…..

LABメンバーから、「ジャスミンの香りがする白い花が受粉して赤い実がなるんですよ」と・・・

コーヒーの豆が生まれてくるにも・・・色々な自然分業のもと結びつかれ実がつく!感謝を感じる開業前です。

私達の珈琲事業も同じく大きく分業されています。珈琲豆を生産して頂く生産者、そして長年に渡ってコーヒー農園を目利きして品質の高い豆を輸入してくれる輸入者、そして更にそれを吟味して丹念に愛情を込め焙煎してくれる焙煎者、そして更に最終的な品質状態を味わい適した抽出方法で提供するFRONT-LABメンバーへと繋げ「豊かでシンプルな一杯」をお届けして行きます。

各LABメンバーから繋がる「一粒一粒」の”珈琲の道のり”を、これから少しずつご案内して行きます。

京都で学んだ事ではありますが・・・信頼の中で生まれてきた分業の技『高き世界』、なによりも分業して行く為には”一つのモノ”に対して、各メンバーが各自(匠)の技で結びつき重なりあい完成していくストーリーです。

いつしか・・・時代は単なる下請け?一社でなるべく全ての物を簡潔?M&Aでの一社独占?という風潮が続いてきましたが、ここ最近新たなモノ作り現場では数多くの分業して造られていく技が見直されてきていると思います。きっと、私達のような小さな分子は、イイものを作ろう!イイことを届けたい!と想えば想うほど、信頼できる仲間(結合性)を増やし力を合わせ「高き志」を求めていかなければなりません。また、各自のノウハウや経験値を垣根なく研究課題フィールドに上げ、高き目的へ向うために切磋琢磨して進めてきたように想います。珈琲研究を始めてから、本当に数多くの匠に最高の力を注いで戴いております。「心より感謝です!」

これから、『匠(LABメンバー)』のご紹介もしていければと想っております。

From : Mikage Coffee Labo.

2012.11.16

嵯峨野湯の紅葉。

嵯峨嵐山の紅葉の参考になればと・・・11月13日地点の「嵯峨野湯の紅葉」です。

空気が透き通り清々しい昼間の彩りもイイですが、夕方からのライトがあたる表情も格別ですよ!またブルーベリーなども一緒に彩り始めて、いよいよ秋紅葉の到来です!

From : Saganoyu Staff.

Next »