Home > 12月, 2012
2012.12.30

嵯峨野湯の「招き猫」ちゃん!

お年賀用に、「ラスクの詰め合わせ」や「どら焼きの詰合せ」の”招き猫ちゃんスタイル”を販売します。

2013年は、沢山!沢山!喜びと恵みを招き入れますように。

★11月31日(月曜日)大晦日より販売致します!

From : SAGANOYU.

2012.12.29

おせちアイスの起源。

現代の発展を描き、和の心を慎ましく大切に、恵比寿の街「櫻花」から始まりました。

一年を通じて、年の始まりに”明るく希望と夢を描き”味わっていただくアイスクリームの始まりです。純粋に温故知新をお届けしたい!昔の方は・・・縁起門を年明けに口に含み(福実)、イイ一年を過ごせるように願って。。。

★営業時間が通常と異なりますが、年末年始と休まず営業しております。

From : Japanese Ice OUCA.

2012.12.28

お弁当をクリエイトする1年!

今年は、本当に沢山の方々にご利用頂きまして心から感謝申し上げます。

ジャパベンも来年、創業してから10年が経とうとしております。もしかすると?10年に渡ってジャパベンをご利用戴けているお客様がいるのでは?と、想いを巡らせ・・・来年から、新たに”特別な事”を始めようと考えています。

それもあり、来年からのスタートは「豆」に「豆」をテーマで始めていきます!

2012年の営業は本日をもちまして終了いたしました。

来年2013年は、1月4日から通常営業で始まります!では、汐留の富士山の前でお待ちしております。

From : Japaben Staff.

2012.12.27

「京都の風情」正月準備。

この時期になりますと、京都の和菓子屋さんでよく観られる風景です。

お寺さんなどの予約の張り紙が色々と貼られ・・・「おせちも同じように。」

正月準備に慌てる姿を味わいながら、そろそろ年が明けるな~と新鮮な空気感が街中に溢れ上がってきます!

※大掃除などの一息・一服に、どうぞ嵯峨野湯にお立ち寄りくださいませ。

From : Saganoyu Staff.

2012.12.26

エスプレッソの神秘。

エスプレッソを”世に生んだ文化や文明文脈(創造性)”は、いつも思う事ですが、本当に凄い事を想像して生まれ育んできた「神秘的な飲み物」だな~と思います。1世紀前の飲み物で、これだけ大がかりの圧力抽出装置を使い飲ませようと考えるとは?まぁ~普通に考えれば不合理で矛盾する事が多くありながら、またそれを経済的に成り立たせる事など・・・イタリアの方々が誇を持つ意味も良くよくわかります。

ミコボも、エスプレッソを好んでくれる方が数多くいらっしゃいます!

イタリアチック?に『砂糖をたっぷり入れ、軽くスプーンでかき混ぜ、クックッと飲みほして!最後にトロットロ~になった砂糖と珈琲が交じり合ったエキス(お茶で言うゴールデンドロップ)を”ツッチュツッチュ”と舐め嗜む。』※口の中で余韻が残り、チョコを味わっているような~ビターでスウィートなエスプレッソの世界を味わえます。

私達のエスプレッソの特長は、「イタリアの環境と風土×御影の環境」を研究して生まれた一品です。イタリアでは、5種類以上の豆をブレンドして強い焙煎にかける定義などがあるように・・・ミコボでは、イタリア人もビックリ!厳選された7種類の豆を極限までスペシャリストのロースターのもと焙煎をして出来あがった!七豆の交響曲です。そして、私達がとても大切にしている「豆」との相性(結合性)の鍵となる「水」も、イタリアの風土を想定して出来あがったロジックです。神秘的な飲み物「エスプレッソ」の文脈は、イタリアからアメリカへ、そして日本へ「御影」へ。

チョッと、うんちくを言ってしまいましたが・・・どうぞ、シンプルに味わい下さいませ!

From : Mikage Coffee Labo.

2012.12.25

ぽっかぽかの「白い魔法」。

なぜか?冬に、白い素材を加えると”ぽっかぽか”の温もりへと変化していきます。

だいぶ寒くなってきましたが・・・どうぞ、クリームの魔法をツルツル~と味わいにお越し下さいませ。

凛と澄ました嵯峨嵐山の空気感に、一息いれる「温かい嵯峨野湯」へ。

年末、年始と休まず営業しております。

※詳しくは、ホームページまで http://www.sagano-yu.com/news.html

From : Saganoyu Staff.

2012.12.24

期間限定の「おせちアイス」。

さぁ!みなさんご一緒に・・・・・『もう~♪ い~くつ♪ 寝~る♪ と、お~正~月~♪』。

・・・あと?、8日間寝ると2013年「新時代」の始まりです!

さて、期間限定の”おせちアイス”は、12月26日(水曜日)から店頭に並びます!

「栗きんとん」「黒豆」「きな粉」「甘酒」「金柑」「十五穀米」「お濃茶」「蜂蜜梅」と末広がる八種類をご用意致します。この期間だけ味わえる!縁起の良いアイスクリームを是非!味わいにお越し下さいませ。

★オンラインの予約も開始致しました⇒http://www.cafestylestore.com/ice_osechi.html

From : Japanese Ice OUCA .

2012.12.23

花が咲き実が成り、から・・の。

時代は、まさに!超高速時代と言いますが・・・

珈琲の世界でも、花が咲き実が成り、収穫、ウォッシュド、乾燥、輸送、焙煎、抽出まで、昔の時代に比べると半年から数カ月も縮まっている時代に突入し始めており、本当に「豊かで新鮮な時代」になって来ました。

From : Mikage Coffee Labo.

2012.12.22

ミコボの味わい「紹介」。

珈琲研究してきた味わいの焦点は・・・シンプルに”未来味”を求めていく事でした。

口内の構造と珈琲の文脈と未来スタイルを純粋に探し求め。

そして、ご自宅でも簡単に美味しい珈琲を味わって戴ければ・・・

From : Mikage Coffee Labo.

2012.12.21

ミカゲコーヒーラボ開幕!

本日、12月21日(金曜日)開業致しました。

先ずは、ココまでご尽力を賜りました!「LABメンバーの皆様方」・「モノ作りチームの皆様方」・「各々の関係者の皆様方」、そしてこの地域(原点)に舞い戻るきっかけ。色々な荒波の航海を共に漕がせて頂きながら、本業の価値の大切さに気がつかせて戴きながら、誠実で優しく心温まる柔らかい導きを戴いた”六甲の「素敵な御夫婦」”に心から感謝を申し上げます。

そして開業にあたっては、まだまだ不慣れの中にも関らず、とても寛大に温かく厳しく見守って戴きながらご利用頂きましたお客様に心より厚くお礼を申し上げます。これから、一時間毎、一日毎、一週間毎、一ヶ月毎、一年毎と努力を積み重ね。御影の環境にて、少しでも、一瞬でも、シンプルに豊かなコーヒーをお届けできるよう頑張っていきます。

どうか末長く今後ともよろしくお願い申し上げます。

From : Mikagae Coffee labo.

2012.12.20

おせちアイス予約開始!

櫻花の「おせちアイス」ご予約を開始致しました。

先ずは店頭での、ご予約受付を開始しておりまして、来週よりオンラインの予約も開始致します。

来年2013年のお正月も、どうぞ縁起良いアイスで「滑らかな一年の始まり」を愛すで!

From : Japanese Ice OUCA Staff.

2012.12.19

『九代目』の黒糖甘酢です。

かれこれ・・・ジャパベンも来年10年を迎える中で、

2012年の年末は、年間を通じて人気者のお弁当をお出ししようと!始まった『お弁当感謝祭』。

9年連続で、ジャパベンの代表選手『鶏の唐揚げ黒糖甘酢あんがらめ』が、今年も堂々と1位になりました。

毎年のように改良を繰り返してきた歴代、今やお陰様で「黒糖甘酢の唐揚げ弁当も九代目」と成りました!

記念すべき10年目に向って更に進化して行きます。

From : Japaben Staff.

2012.12.18

オレンジから赤へ彩る。

嵯峨嵐山も、ずいぶんと寒くなってきました。

秋の紅葉から、冬のサンタさんの時期に合わせて、ブルーベリーの木もオレンジ色から赤へと移り変わり。

この時期の嵯峨野湯も、なかなかイイものですよ。「のんびりと、本を片手に温かいカフェオレで」・・・

From : Saganoyu Staff.

2012.12.17

トレーニング真っ最中です。

開業時はどうしても・・・スタッフも慣れず、お客様にご迷惑をおかけする事が多くあります。

少しでも軽減するために、ひたすら、ひたすら、みんなで商品知識を身につけようと努力して、想定する動きや機械装置の動きを学び、厳しいトレーニングの繰り返しです。開業前から、店長も声をからしながら・・・声だしを先頭を成って一生懸命に温かい空気感へ成るようにと盛り上げています。御影の皆さまに、どうか少しでも多く寛いで戴けるように喜んで戴けるようにと、直向きに開業までトレーニングを繰り返しています。

開業前に、みんなでトーレニングを通して熱い気持ちをお店に埋め込むと・・・

必ずと言ってイイ風に開業後、温かい空気感が生まれ育み始めて行きます。『それを、ひたすら目指して!』

From : Mikage Coffee Labo.

2012.12.14

手に集中する大切な感覚。

グリップの感覚を大切に・・・手元や指先に集中します。

デスクワークであれば、ペンの形やマウスの形、料理では鍋の取っ手やヘラの形と、モノ作りには欠かせない手元の感覚、みんな独自の感覚を養っています。そして、ミコボの手元はレザーの感覚を取り入れてます。

From : Mikage Coffee Labo.

Next »