Home > 1月, 2013
2013.01.14

寒い東京で「温もる善哉」。

櫻花の善哉は、通年は白玉ですが、冬時期は「焼き餅」となっています。

焼いもアイスに継ぐ、櫻花の人気甘味です!正月にお餅食べ忘れたという方や食べ足りない方など・・・お餅と小豆の関係は、う~んと昔から続く冬の相棒ですもんね!是非、身体を温めに恵比寿へお越し下さいませ。

From : Japanese Ice OUCA.

2013.01.13

味わいのサービス不足。

あれだけ美味しい珈琲を出しときながらも、

コーヒーフレッシュはチョッと戴けませんね!と、多数のご意見を戴きました。開業前には準備する予定にしていたのに、行き届かない”サービス不足”と強く痛感しております。特に、003スペシャリティーコーヒーや005シーズンコーヒーや紅茶に、コーヒーフレッシュは正直、合いません。大半はストレートや砂糖だけで飲んで戴こうと想いながらも、ミルクを少し入れたい方などに対してサービスをないがしろになっていました。「とても反省しております。」※今週中には、牛乳のポットサービスを始めますので、今しばらくお待ちくださいませ。

よくよく・・・考えると、まさに、コーヒーフレッシュのスタイルは昭和時代のコーヒー文化そのものです。他の国では、考えずらいスタイル?と言うよりも、ほぼほぼ存在しません。もちろん、続いてきた珈琲文化文脈も大切にしつつ、ミコボの更なるサービススタイル向上に努めて行きます。

心温まるご助言に感謝。

From : Mikage coffee Labo.

2013.01.11

閃きと「出逢える場所」。

時間が過ぎ去るコトを忘れ「語り合う」。

過去のコト、現在のコト、未来のコト、

きっと、立ち止まって「想像の旅」を巡っているような時間だと思います。

なぜか?古くから続く空間には引き出してくれるタイムマシーンボタンがあるようです。

古いモノから、過去から、見出してくれる「新たなコト(新鮮な閃き)」。

2013.01.10

黄金色に輝く「焼いもアイス」。

冬でも寒さを感じない?温もりあるアイスクリームを考え続けてきて五年目の冬・・・。

九州は鹿児島のご縁を始め、京都の発明家さんとの出逢い、一つ一つの素晴らしい素材や装置やスタイルが「櫻花のカップ」の中で結びつきました!格別に美味しい「焼いもアイス」が誕生しました。本当に偶然が偶然へと重なり合う必然の姿へと変容してきた黄金食のカタチ。

秋から冬だけしか味わう事ができない!「温もるアイス」を、是非!一度召し上がってみて下さい。

これから毎年、櫻花から発信する”香ばしい焼き芋の香り”は・・・冬の訪れを、お知らせしていきます!!

ではでは、恵比寿の「冬の風物詩」を味わいに。

From : Japanese Ice OUCA.

2013.01.08

1月23日に開催「落語」。

京都嵐山「嵯峨野湯」よりご案内です。

第15回嵯峨野湯 『落語の会』 2013年1月23日(水曜日) 開演19時~20時30分(受付18時~)

出演者 : 桂 春蝶 / 桂 阿か枝 / 桂 紋四郎

料金:当日2300円/前売り2000円 (公演チケット+ワンドリンク+お菓子付き)。

★嵯峨嵐山観光を済ませた夕暮れに、情緒あふれる落語の世界を、是非!味わってみませんか。

前売りのお問合せ先⇒ http://www.sagano-yu.com/map.html

【注意事項】 公演中はご静聴願います!また途中退席などができませんのでくれぐれもご注意ください。また、未就学児童の入場に関してはお断りさせていただいております。公演中のご飲食はお断りさせて頂いております。

定員になり次第締め切らさせていただきます。必ず当日チケットをご持参下さい。また、チケットの払い戻しはお断りさせていただいております。

From : Saganoyu.

2013.01.07

新年の始まり「ミコボ」。

新年明けましておめでとう御座います。

珈琲の神さま!一日一日積み重なり、”豊かで美味しい珈琲シーン”を御影の皆さまにお届けできますように。

では、どうぞ本年も宜しくお願い申し上げます。

From : Mikage Coffee Labo.

2013.01.06

ジャパベンの「出世魚」で始まる。

新年明けましておめでとうございます。

さて!今年も一年ガンバルぞー!という仕事始めに、ジャパベンの”ブリ照り弁当”で、是非!景気付けて下さい。

1月の「豆企画」の中でも、年始めは・・・絶対!欠かすことのできない「ジャパベンの出世魚弁当」。

http://www.japanese-bento.com/season/season26.html

では、汐留の富士山の前でお待ちしております。

From : Japaben Staff.

2013.01.05

嵯峨野湯の賀正。

ハッピー・ニュー・イヤー!嵯峨野湯の新年の始まりは、ここ数年・・・この表情(想像)から始まっています。

※決して、足湯があるわけではありません。このような気持ちになって戴けたらな~と想像をして、2013年も、創造して行こうと言う想いで御座います。『どうぞ、今年も御贔屓に宜しくお願い申し上げます。』

 

From : Saganoyu Staff.

2013.01.03

2013年の始まり。

新年明けましておめでとう御座います。

お客様・環境に喜んで戴けますよう、私達の天地を磨き、更なる進化を求め、実に成る方へ歩んでいきます。

本年も、『一日一日』どうぞ宜しくお願い申し上げます。

From : winwin associa,inc.

« Previous