Home > 2月, 2013
2013.02.27

春の準備をそろそろと。

まだまだ東京も・・・寒い日が続いておりますが、

待ち遠しい”嬉しい春”を描いて!ま・も・な・く「櫻花の季節」が始まろうとしております。店頭では、まだ冬仕立てではありますが、奥ノ間ではチョッとチョッと春の準備を始めております。『美味しい桜を・・・お楽しみに。』

From : Japanese Ice OUCA

2013.02.26

美味しさは土にあり!

と・・・土がとてもイイので美味しい食材ができるんですと、熱く語ってくれた「種子島の生産者様」。櫻花の冬の風物詩となった「焼いもアイス」は、純粋な組合せで「種子島×恵比寿」+京都の掛算と足算から始まりました。

美味しいものが登場する背景には、必ず”足算や掛け算や割り算や引算”があります。

「焼いもアイス」は、まさにシンプルな掛算と足算で生まれた姿です。

※なによりも、土を大切に丹精込めた作物をお届けしてくれる「種子島の柳さん」に心から敬意と感謝込めて、残すところわずかな安納芋を東京の方々に美味しくお届け致します。

☆櫻花の「焼いもアイス」も、3月中旬頃に終了する予定です。 『お早めに!!』

From : Japanese Ice OUCA.

2013.02.25

嵯峨野湯の「春味」。

春味のデザートやドリンクは・・・?

勿論!!主役は『豆乳とベリーのコンフィチュール』、ラズベリーの豆乳ドリンクは、一言!「大変濃厚な仕上がりです」(チョッと吸引力が必要?)。濃い豆乳の味わいにラズベリーとの相性が絶妙に結びあって”美味しいですよ”。そして、クランベリーの豆乳のレアチーズは、とても優しい春の始まりをお届けしてくれそうな味わいです。

明日2月26日から「嵯峨野湯の春味」始まります。☆嵯峨嵐山にお越しの際には、是非お越し下さい!

From : Saganoyu Staff.

2013.02.24

「桃の木」も春の準備。

嵯峨野湯と言えば・・・夏は「ブルーベリー」に「オリーブの木」、秋といえば「紅葉」に「金柑」。そして、春と言えばエントランスを彩る「桃の木」でお出迎えをしております。

桃の木もそろそろ、春のお出迎えに向けて少しずつ蕾を膨らませる準備をしております。 『春よ来い!』

From : Saganoyu.

2013.02.23

この味わいも、あと少しで。。。

シーズンコーヒーの『005:ニカラグア(ジャバニカ)』、もう少しで終了致します。

プレスで飲むと、”果実味をしっかり感じながら贅沢な奥深い珈琲の味わい”そして、ドリップで飲むと”まぁ~見事なすっきり感と優雅な珈琲の味わい”です。まだ飲んでいない方・・・是非!「一度味わって戴きたい珈琲です」。

http://www.mikagecoffeelabo.com/005.html

本当は、引き続き残したい一品なのですが、新しい006の登場に向けて。。。

From : Mikage Coffee Labo.

2013.02.22

エベスの『ホイップ祭り』。

エベスバーガーからご案内、来週2月26日(火曜日)より始まる「ホイップ祭り」!!春と夏は、『フロート祭』。秋と冬は、『ホイップ祭り』。と、祭り好きな・・・エベスバーガーなのです。

☆珈琲や紅茶をチョッと贅沢に、ふわぁふわ気分でどうぞ召し上がって下さい。

From : Ebesu Burger Staff.

2013.02.21

素材を眺めながら・・・。

トマトにバジルにモッツァレラチーズ・・・イタリア食の彩り、難しい事を考えずに・・・素直にシンプルにお届けしよう。と、2月26日から始まる「春の献立」に入れることにしました。

春の訪れに、ココッと言うタイミングでした!

From : Saganoyu Staff.

2013.02.20

焼いもアイスの「旬」です!

昨日は雪がちらつき、本日は晴天の東京、絶好の旬「タイミング」です!

ニッポンの四季、冬の身(フォーム)になっている身体のなかに旬の”旨み成分”をお伝えしてみませんか。秋に収穫された「種子島の安納芋」は甘みが増すばかり。。。冬の折り返し地点から教わるお芋の美味しさ。

From : Japanese Ice OUCA.

2013.02.19

「春の御影」は、コロンビア珈琲。

ミコボよりご案内、『春のシーズンコーヒー』は、コロンビアのクリスタリーナの”ニュークロップ”に決定です!

シングルオリジン(単一農園)ではないのですが、とても優れたエリアの生産協会で作られているスペシャリティーの豆です。名前の由来は、農園地域の近くにある「ラ・クリスタリーナ国立自然公園」が有る事と、農園のすぐそばに流れる小川がクリスタルのように透明で清く、この多くの自然から育まれたコーヒーと言う意味もあるそうです。「豆っぷり!清らかな水!棚干し!生産者の人柄!」、自然体で丁寧に作られる表情は味わいにも出ております。

味覚は、コクがあり、金柑のような深い酸味を感じさせ、透き通る苦味が特長的です。「凄い美味しいです!」

因みに、ニュークロップって?と言う方に・・・

「新収穫品」で収穫されて1年経過していない豆の事を言い、水分含有量が多く青緑色をしているのが特長です。

他に、カレントクロップ・・・次の年の収穫時期が迫っている頃の豆の事をいいます。一般的にはニュークロップの「新収穫品」に対して「その年の収穫品」と言われています。ニュークロップに較べてやや水分が抜け緑色が特長です。パーストクロップ・・・「前年度の収穫品」の豆を言い、さらに水分が抜け、黄色が入ってくるのが特長です。オールドクロップ「数年前までの収穫品」で収穫から2年以上経過した豆を言い、水分がなく、黄色が特長です。 ※わかりやすく言いますと、お米で言う「新米」や「古米」や「古々米」という新米を基準に新鮮度を表す呼び名です。※新鮮な豆は、豆本来の味わいが強く表現され、中には少し熟成した方がイイ豆もあります。また、古くなっても焙煎方法や抽出方法によって、新鮮な豆では味わえない旨さもあります。「全ては、表現する為に・・・水の性質、豆の性質、焙煎の性質、抽出の性質、飲ませ方の性質とバランスの焦点をどこに定めるかがポイントのようです。

From : Mikage Coffee labo.

2013.02.18

待ち遠しい春を探して。

パンケーキも、春の味をサガシテ・・・。嵐山豆腐さんの「おからと豆乳」で拵えたパンケーキに、クランベリーのコンフィチュール、ふっかふかのパンケーキに、コトコトと・・・じっくり煮込んだクランベリーが交じりあい、優しくほのかな甘い果実の酸味、嵯峨野の春をゆっくりお知らせしてくれそうです。

今年の冬は、煮込むことが少なかったので・・・春の訪れにお届けしたい!「想いでした。」

☆嵯峨野湯の「ハルアジ」は、2月26日より始まります。

From : Saganoyu Staff.

2013.02.17

「焦がしカフェラテ」発祥の地。

六甲おろしの空気はひんやりと冷たくて、

通り過ぎる電車の冬の音、木枯らしの音、寒い季節を、温かく豊かに”甘~く過ごす”。

冬の駅時間を、ゆっくり寛ぎ温もる『焦がしカフェラテ』 で・・・☆☆☆

From : Mikage Coffee Labo.

2013.02.16

組合せを味わう「北欧気分」!

開業してから約2ヵ月ほどが経ち始め・・・

少しずつ御影のライフスタイルも掴み始めてきたなか、そろそろ~・・・引き出しの奥に大切に仕舞っていた「美味しいドリンク」や「美味しい食べ物」をご提案していきます。『ホットサンドは、来週初旬からスタートします!』

☆2月で終了する『005シーズンコーヒー(ニカラグア)』との相性が抜群に合うホットサンドです。

スモークサーモンに特製クリームチーズを挟み込みました!珈琲の果実味(酸味)がスッキリ美味しく戴ける”005シーズンコーヒー”と”サーモンクリームチーズサンド”の組合せ、温もる「北欧気分」をお楽しみ下さい。

From : Mikage Coffee labo.

2013.02.15

「生姜生活」ジャパベン版。

来週2月18日(月曜日)からスタート、「生姜生活」の2サイクル目に入りました!

スタッフ一押しの「牛肉と生姜のしぐれ根菜きんぴら重」を始め、色々と四万十生姜を使ったお弁当をたっぷりとご用意しております。まだまだ寒い日が続く中で、どうぞ身体の奥まで沢山の生姜エキスを届けて下さい!

From : Japanese Bento Staff.

2013.02.14

「生姜生活」櫻花版です。

生姜をツマミながら働いて?今年の冬はスタッフみんなして「生姜生活」です!

生姜アイスの上に、振りかけのようにジンジャーシュガーをのせて、ご飯のようにモクモクとアイスクリームを食べる。サックサクした生姜と馴染んだシュガーと、アイスクリームと交じり合い。。。まぁ~この上ない!「美味しさ」です。※同時に、パンチのある生姜の”からさ”もジワ~ジワ~と身体に訪れて来ます(笑)。アイスクリームを食べていると言うよりも・・・新しい感覚の生姜クリームを食べているような感じです。

「生姜生活」の一ページまで。

From : Japanese Ice OUCA.

2013.02.13

嵯峨野の「春味」を探して・・・。

まだまだ寒い日が続くなかですが、陽射しが少しずつ温まって・・・季節の移り変わりを思い浮かべてます。ゆっくりと訪れてくる嵯峨野の春味をイメージしながら温もる春をお届けしようと考えております。

春の始まりは、『豆乳で!ベリーで!』 というメンバーの強い提案のもと、豆乳とベリーの想像は・・・パスタ!パンケーキ!ドリンク!デザート!お土産!と、チョッとチョッと創造が始まっています。

たっぷり、嵐山豆腐さんの豆乳を使って・・・待ち遠しい「春」を、お楽しみに~。

From : Saganoyu Staff.

Next »