Home > 2月, 2014
2014.02.28

「常温生活」応援してます!

ジャパベンのお茶は、冷えたモノもありますが・・・常温のお茶をお勧めしています。

お弁当を通じて、バランスという考えを奥深く求め続けていくと、「常温・常圧」という部分に突き当たるコトが多くあります。バランスの母は、一生懸命バランスを常温・常圧という支点に押し上げたり引き戻したりと、偏っていく生活(食や考えや行動)を整えてくれています。しかしながら、なかなかバランスの母が弱作動(押引きで疲れてしまっている)時などが多々ありますので、自らバランス意識の支点に、生活リズム(常温・常圧)を緩やかに整えていくようなイメージです。食に関しては、嗅覚や視覚や聴覚は、熱いや冷たいが強く感度に反応していきますが、味覚に関しての感度は常温が一番伝わりやすいようです。バランスの母、常温生活をフォーカスする事で、観えてくるコト!感じるコト!味わえるコト!視界・視野が増えていくように想います。

働く皆様に元気をテーマに取り組む一環として「常温生活応援」しています。

From : Japaben Staff.

2014.02.27

どの季節にも自由に伺う。

身体の感覚は、そうはいきませんが・・・想像力は、小春を伺ったり、櫻咲き誇る花見に伺ったり、春食材を味わってみたりと、あくまでも想像ではありますが、微笑む表情を描きながらモノ作りの計画・準備を進めています。

特に、春のワクワク感はいつも開放的なイメージが湧き上がっていきます。

From : winwin associa,inc.

2014.02.26

季節の変わり目「大切」。

ジャパベンでは、季節の変わり目を一年通じ「とても大切な時期」と捉えています。

寒い時期に!「生姜」という捉え方は勿論の事ですが、冬から春の変わり目こそ!「生姜」という捉え方を更に大切にしています。時折、春の温もりを感じ始めていくなかで、その繋ぎ目に、身体に、温度帯に、焦らず旬と対話しながら・・・冬から春の変化バランスを意識しながら・・・変わり目を優しく。柔らかく。温かく。

今年も、ジャパベンの生姜企画は来月3中旬頃までお届け致します。 『ポッカポカ大作戦!』

From : Japaben.

2014.02.25

嵯峨野湯の湯。

銭湯の姿から茶の湯(カフェというカタチ)、

外から温めていた湯が中から温める湯へと変容、湯を中心に集うコミュニティー、時代と湯を通じて・・・

From : SaganoYu.

2014.02.24

十勝小豆で「美味しい餡子」。

ハンバーガー屋さんの”切りたてポテト”で大変お世話になっているジャガイモ生産者の方に、「十勝は小豆も有名ですよね~。お知り合いの方で・・・小豆を作っている人は居らっしゃいませんか?」と言うご縁のもと、十勝産の美味しい小豆を譲って戴くコトとなりました。恵比寿からも、十勝のご縁に心から感謝する次第です。

「炊いている表情でわかりました!」更に美味しい餡子をお届け出来るようになりました。

でも、餡子の世界は本当に奥深くて・・・まだまだ勉強を重ねながら「一粒一粒」精進で御座います。

From : Japanese Ice OUCA.

2014.02.23

櫻花、「団子のおもたせ」。

大変ご好評を戴いてます「団子アイス」、団子だけの「おもたせ」を始めました!

ケーキもいいけれど・・・団子もね!みたらしの甘醤油で包まれた香りと、ほのかな焦げと、もっちもちの歯ごたえ、おやつ時間の小腹をしっかりと整えてくれます。昔々からずーと、ずーと続くニッポンの茶菓子。

From : Japanese Ice OUCA.

2014.02.22

Green × 3 project !!

グリーン!グリーン!グリーン!計画、[Green,Green,Green,project]

私達の各ブランドで「ご利用戴くお客様」と「モノ作りの私達」と「モノ作りの生産者様」を、緑というテーマで結び美味しい姿をお届けするプロジェクト。各店舗で4月後半から5月中盤にかけてグリーン色と職と食を発信します!

ちょうど・・・種子島の生産者様に相談のご連絡を入れた際、初物の「人参のお便り(午年の縁起食)」と自慢の「新車のお便り(大地を輝かせるハッピーカー)」のご案内を戴きました。『ほぉ~カッコイイ!』

From : winwin associa,inc.(Green×3 project)

2014.02.21

餡子の草団子も美味しいよ。

恵比寿もまだまだ寒い日が続く中で・・・

もっちもちに焼き上げた団子の上から熱々の餡子をかぶせて、ミルクアイスを上からド~ンと、ジュワァ~と、熱い世界と冷たい世界がかけ合わさり・・・それはそれは、「たまりません。」どうぞ、ひと休憩していって下さい。

From : Japanese Ice OUCA.

2014.02.20

焦がしカフェラテのサイン。

不均一なブランシュガーの焦げ目(表情)・・・

寒い冬の日は、格別にキュートな姿で映っているようです。「温まるサイン」御影駅で、どうぞ。

From : Mikage Coffee Labo.

2014.02.19

生姜が効いたハンバーガー。

この時期限定のつくねバーガーには、四万十生姜が隠し味で使われています。

ほのかに・・・主張せず、でも・・・存在感を表す絶妙なバランス。。。従来、ダイナミックな味わいを求めていくなかで日本らしイイを、少しでも取り入れていこうとしている一品です!解りづらい部分を・・・只管、大切に。

From : Ebesu Burger.

2014.02.18

ミコボも四万十の生姜で!

「甘生姜ソースのチキンボールサンド」と「ジンジャーティー」をお届けします。

甘い醤油煮した生姜とチキンボールを挟み込んだ!冬のお勧めホットサンドです。また、従来の3種類の紅茶からお選び戴き、乾燥させた生姜と一緒に湯で蒸らしてから刻み生姜をお好みで混ぜ合わせる一品です。

From : Mikage Coffee Labo.

2014.02.17

種生姜って?何ですか・・・

貴方は、生産者ですか?と尋ねられながら・・・、生姜の奥深い話を親切丁寧にして戴きました。

種生姜を求める方は大半、生産者や自家菜園されている方が多いのですよ。所謂、私達の農場で優れた生姜を翌年用に「種生姜を選別」して、少量となりますが残っている種生姜をほんの少しだけ譲っているのです。「お味の方はどうなのですか?」、もちろん囲い生姜の中で熟練の目利きが優れた種として選別した部分なので、とても瑞々しく美味しいですよ!「へぇ~。」でも、料理で使うのであれば、囲い生姜で充分ですよ。市場に周らず(流通)直接、蔵出しのものをお送りしますから・・・また、親生姜はお魚やお肉などの煮つけには抜群にイイですよ!「親生姜?囲い生姜と種生姜と、どう?違うのですか」、それこそ親生姜は昨年の種生姜です。この種生姜を植えて・・・囲い生姜が生まれて、その中でも優れたモノを種として大切に受け継ぐのです。「へぇ~。」また親生姜(種)は、一番最初に土の中に入り・・・収穫まで長い時間渡って土の中に入っている事もあり、身は固く濃厚な味わいで辛味が一段と強いのです。その為、魚などの煮つけに重宝されているのですよ。

「へぇ~。」「では、使い分けるとイイですね~。」「煮つけには、親生姜や囲い生姜・・・刻んだり擂りおろしたりするのは、種生姜や囲い生姜ですね!」「出来る範囲、頑張ってみます!」そこまでやっているお弁当屋さんは、きっとないと想いますよ。あと・・・お勧めがあって、生姜屋が作る自信作!「生姜飴」、辛くて濃厚で生姜好きの方には、きっと喜ばれると想うのですが~、「ハイ!汐留の皆さんに、是非!案内させて戴きますね。」と、この他にも・・・四万十地方がなぜ?生姜に適していたのか?土壌の話や長年に渡っての御苦労やモノ作りの想いを聞かせて戴きました。「環境や生産者の方や文脈と、本当に学ぶコトが多くあります。」

では今週より、献立を変え「生姜企画」第二弾目が始まります。

From : Japanese Bento Staff.

2014.02.16

鷹狩りの前に・・腹ごしらえ。

その昔、江戸時代には茶屋坂の茶屋に立ち寄って”団子や田楽”で腹ごしらえ・・・。

現代では?恵比寿の茶屋「ジャパニーズアイス櫻花」で、団子アイスや焼いもアイスなどで腹ごしらえをして、恵比寿・代官山・中目黒の”ファッションの森”にへと訪れる!

如何ですか?この時代、この道のりで・・・。

From : Japanese Ice OUCA.

2014.02.15

寒い日、「旅」の途中に・・・

この時期のお勧めは、白い温もりのパスタにクリームチーズを練りこんだパンケーキです。

観光前のお昼ご飯にパスタ、途中や帰りにパンケーキと共にカフェ時間をどうぞお過ごしくださいませ。

PS : 真っ白に積もった嵯峨嵐山も素敵ですよ!

From : SaganoYu Staff.

2014.02.14

御影のチョコレート日和。

この時期、なぜか?ココアを味わうとホッとする余韻が強く感じます。

カフェモカも同じように余韻がゆったりと続くイメージがあり、きっと一年の中でも一番寒いこの季節、なるほど~!バレンタインは寒さに応えようと、日本ではチョコレートが普及していったのでしょうね~。

チョコレート日和・・・本日2月14日はカカオを沢山食べて飲んで!ホッとする一日でありますように。

From : Mikage Coffee labo.

Next »