Home > Coffe kenkyujyo
2019.06.04

ブラウニー・コン・ジェラート

きっと、今までの人生なかで一番美味しいチョコケーキにコンジェラートのバランスと、みんな!で自画自賛しております。

でも・・・なかなか、その美味しさは伝わらず。

レストランやカフェで、盛り付けすると、こんな感じ?です。

撮影していても人気者ですから、さっと、みんなで・・味見?試食?という言い訳のもと、「あれ・・・もうないじゃん!」「一口取ってあるよ。」「ミルクジェラートが、ないー!!」・・「って、子供じゃないんだからー・・・、」「えぇ?子供じゃないんだから・・・バランス良く残しておいてよー。」

小競り合いは美味しい証拠。是非!皆様も、試してみてね。

From : Micobo Gelato.

2019.06.03

ミコボジェラートの想像・・・

ローマ時代、日本は弥生時代・・・もしかすると、

ローマ時代の頃、みんな、どこかで?会ってたのかなー。

前世の想像と今世の想像をイラストで描かれるなかで、来世は・・・、きっと!今世のお勤め次第だねーって、前世の「ジェラートの女神さま」の声が聞こえた?ような気がしました。

ミコボジェラート、ミコボカフェの前世、今世の移り変わり。

From : Micobo Gelato.

2019.05.31

甘党のパパに、ジェラート。

大好きなラムレーズンのジェラートと、珈琲のジェラートを、

「パパの日」のお土産、如何ですか!!

From : Micobo Gelato.

2019.05.29

阪神、御影駅を降りて・・

山側に出て下さい!御影クラッセと言う施設側です。

でましたら・・・、すぐ、阪神タクシーさんがあり、そのお隣が、私達が誇る「ミコボジェラート」となります。

2階のカフェは6年前から営んでいるミコボカフェです。

ただ、カフェ側の入口は、駅を降りてきて、真正面に、2階に上がっていく階段が御座います。

あいにく・・・ジェラート屋さんから2階のカフェに行く階段は繋がってません。「気持ちは強く繋がっているものの♥」

From : Micobo Gelato.

2019.05.23

ニッポンの日、イタリアの日。

両方の日も、たま~に、ありますが。

ニッポンの日は、餡子を炊く香り等が立ち込めます。

イタリアの日は、エスプレッソの香り等が立ち込めます。

その日の香りで、「アイス曜日(ニッポンのアイスクリームを製造する日か?イタリアのジェラートを製造する日か?)製造の楽しさ!」が解るようになってます。

From : winwin associa,inc. Ice Cream Factory.

From : Japanese Ice OUCA & Micobo gelato.

2019.05.14

美味しいデザインを求め・・

日頃、一歩一歩と取り組む内側、そして外側。

インナーブランドに、アウターブランド、ブランドが始まると同時に、ブランド構築は永遠に続く物語、モノ作りです。時代が凄い速度で駆け走るなかでも、自分達の気持ちに「一つひとつ」「一歩一歩」と、丁寧に取り組む事を言い聞かせつつ。

私達のモノ作りは、一日にして成らず。

三種の詰め合わせの美しさやジェラートの素材の表情やウェハースの表情、スプーンの角度やフラッペの可愛いホイップの表情やアイスカフェラテの美味しそうなバランスや、1年後、3年後、5年後、10年後、20年後の美しい姿(デザイン)を求めて・・・みんなで!内側、外側のブランド構築です。

From : Micobo Gelato. winwin associa,inc. design room.

2019.05.09

初夏の差し入れ!に・・・

好きなカフェラテに好きそうなジェラートを、一緒に盛り合わせしてもらって、届けてくるね!御影の新たなシーンを・・

初夏日和、ミコボジェラート(阪神御影土産)、どうぞ。

From : Micobo Gelato.

2019.05.05

カフェも、どうぞ。

時間がなく、テイクアウトカップで、飲みながら動かれる方には、是非!1階のミコボジェラートでも、2階同様のカフェメニューを、お楽しみ戴けます。

又、1階だけのカフェフラッペ。是非、味わって欲しい一品。カフェの良さ、ジェラートの良さ、掛け合せたスペシャル。

今日は、気前よく!!御影で「カフェフラッペ」。

その価値は、飲み比べて頂けたら・・・阪神御影の虜に。

From : Micobo Gelato-1F & Micobo Cafe.

2019.05.04

ミスした扉の奥に幸運の扉。

開業前、最終撮影の日程がせまるなか・・・

明日午前中から、撮影をしなければ、DMとチラシの原稿が間に合いません!っと言う合図から前日に準備を始めるモノの「ウェハースが見当たらない?」「買っていたウェハースどこに??」「どこに行った?」「誰か知らない?知らない・・?」

アイスクリームファクトリーのメンバーが、「ごめんなさい。食べてしまいました。。。」「うっそー!!」と、デザイン室のメンバーが大騒ぎするものの金曜日の夕方、どこにあたっても、あたっても、総出で、あたっても、業務用だから、手に入るのに時間がかかって、明日には、間に合いません。

少しあきらめかけたなか・・・で、輝き発する携帯画面、

そこに、一軒のウェハース屋さん、50年以上?100年?焼き続けているウェハース屋さん、でも対応してくれるかな?と、恐る恐る連絡をするものの、明日の午前中、大丈夫です!って聞いた際、あ!ココ、ココに辿り着く事だったと気がつく。

このウェハースに出逢う為に、前日にドタバタ劇を、みんなに用意されいたんだ!と・・・ふっと浮かび、有難く、有難く、この御縁に、繋がりに感謝を致しました。

「ミスがなければ、出逢えなかった素敵な御縁。」

不思議と、昨年から、続く、一つ奥にある有り難い「扉」。

From : Micobo Gelato & Ice Cream Factory.

2019.04.30

チョコレートフラッペ!

ジャンドゥイャ(ヘーゼルナッツチョコ)の濃厚なアイスクリームを、たっぷりスクープでミキサーに放り込み、ミルクを少々入れ、スウィッチオン!グゥォー、グゥォーと、力いっぱいミキサーで攪拌し、耳を澄ませて、口当たりが滑らかな合図を聞きだします。

そこから、カップの半分まで注ぎ、間にふかっふかのホイップを層にして、その後、更に!攪拌したアイスクリームを入れて、更にホイップクリームで仕上げます。

最後の決め手で、カカオパウダーをパラパラと・・・。

From : Micobo Gelato.CHOCOLATE Frappé .

2019.04.27

ピスタチオ好きな方・・・

是非、濃厚なピスタチオジェラートを食べに来て下さい。

シチリア産のピスタチオと、カリフォルニア産のピスタチオと、トルコ産のピスタチオと、イラン産のピスタチオを、ブレンドして拵えた「究極のピスタチオジェラート」。

長ーい時間をかけ、ゆっくり、ゆっくり、そして、じっくりと丁寧に、低温焙煎をかけ、そして、更に、もう一日、じっくり石臼で仕上げた一品です。

ピスタチオを食べていると、不思議とスプーンで象っていました。

さすが、私達のヒーロー、「ピスタチオジェラート」。

From : Micobo Gelato.

2019.04.26

御影だけの味を全国配送!!

ミコボジェラートのギフトもご用意させて戴いてます。

6個入り¥4,300 / 8個入り¥5,400

どうぞ、ご興味のある方は   ⇒ コチラまで

From : Micobo gelato GIFT.

2019.04.25

本日、開業しました。

私達の開業は、不思議と・・・いつも雨を頂戴します。

雨の恵み(天さん)、本当に、有難う御座います。

From : Micobo gelato. Mikage Coffee Labo.

2019.04.24

明日、4月25日開業です。

心の奥深いところから、本当に、お陰様で、お陰様で、開業を向かえる事が出来ます。この開業に辿り着くまで、どれだけの多くの方々に、ご協力、ご尽力を賜ったことか、また、どれだけの多くの方々に待ち続けて戴き、応援を頂けているか、思い返せば、振り返れば、全て感謝の言葉しか御座いません。関係者の皆様に、心から、熱く、感謝申し上げます。

素敵な御縁を結びつけて戴いたジェラートの女神さまに、

スタッフ一同、心から感謝してます。

From : Micobo gelato.(mikage coffee labo)

2019.04.22

ジェラート×カフェ=凄い!

ミコボジェラートの真骨頂「カフェフラッペ」が、凄い。

珈琲専門店の凄い!と、ジェラート屋さんの凄い!が掛け合せると、超ーーー凄い!!フラッペとなります。

私達の自信作、是非!味わって戴きたい一品です。

From : Micobo Gelato × Micobo Cafe = Numero UNO ! !

« Previous | Next »