Home > Coffe kenkyujyo
2019.03.13

ミコボカフェの額装「H-区画」

H-区画の額装「ミコボの春を、どうぞ。」

From : Mikage Coffee Labo.

2019.03.12

ミコボカフェの額装「G-区画」

G-区画の額装「ミコボの春を、どうぞ。」

From : Mikage Coffee Labo.

2019.03.11

ミコボカフェの額装「F-区画」

F-区画の額装「ミコボの春を、どうぞ。」

From : Mikage Coffee Labo.

2019.03.10

ミコボカフェの額装「E-区画」

E-区画の額装「ミコボの春を、どうぞ。」

From : Mikage Coffee Labo.

2019.03.08

ミコボカフェの額装「D-区画」

D-区画の額装「ミコボの春を、どうぞ。」

From : Mikage Coffee Labo.

2019.03.07

ミコボカフェの額装「C-区画」

C-区画の額装「ミコボの春を、どうぞ。」

From : Mikage Coffee Labo.

2019.03.06

ミコボカフェの額装「B-区画」

B-区画の額装「ミコボの春を、どうぞ。」

From : Mikage Coffee Labo.

2019.03.05

ミコボカフェの額装は・・・

開業予定のミコボジェラートをテーマに、キュートで、とってもユニークな「春の装い(表情)」が、ミコボの店内に3月15日より描かれます。

360度どこから観ても楽しいミコボの世界観を、どうぞ。

From : Mikage Coffee labo.

2019.02.23

ピスタチオの夢を・・

観てしまうほどの熱量で取り組む「ナッティーの世界観」。

世界中で魅了し続けている美味しく、美しいピスタチオのアイスクリーム、試作を何度も、何度も、繰り返す中で・・・素直に、ピスタチオの気持ちと向き合いながら、ようやく、理想とする気持ちに、味に、近づき始めているように感じ始めた頃・・・

メンバーの一人が、ふっと、理想の商品と味比べで・・・、

・・・「あ!超・・えた・・・。」

でも!どうやら・・・超えてからが本番のようです。今まで、的を定めていた(気持ちや味わい)を、超えた地点から新たなピスタチオ(ナッティー)の世界観へ。まだまだ続くです。

これだけ、ピスタチオに時間をかける意義、追及する意味、求める!素材感は、神戸御影の皆様に、そして、純粋に「最高のピスタチオのジェラート」を堪能して戴きたい。

そして、神戸御影から贅沢な味わいのカフェスタイルを発信し続けていきます。

We want to send “Rich and simple cafe style” around the world.

From : Micobo Gelato.(Ice cream factory)

2019.02.22

バターの勉強会

コーヒー屋さんで、バター研究??今回は、パンとベーコンとハムを買って来て・・・、ランチに合わせて勉強会でした。「朝、モーニングで提供する味わい。」を、更に!美味しく変化させて行くためにも、欠かせないバターなのですが、やっぱり!この国の味わいを少しでも学びつつ、理解しつつ、私達の美味しさに繋げたい。と・・揃えてくれました。パンを食べているのか?バターを食べているのか?ぐらい・・、衝撃的なバターの美味しさでした。日本のバターの個性が失われつつある事実も同時に知る。

From : Mikage coffee Labo

2019.02.13

マウンテンの楽しさは・・

つまんで、なめて、たべて、すすって、すって、
ひと山(マウンテン)を、カフェに見立てて味わう、
楽しみ方を、ずーーーーーと、めちゃ!研究してます。
それが、私達、ミコボのマウンテンシリーズなのです。
この時期、御影では六甲おろしがグッンと冷え込む中、
チョコレート デ マウンテンで温まって行って下さい。

そして・・・

東京大手町は、ビル(山)と、ビル(山)の山間・・
をイメージ、ビル(山)の谷風で冷え込む中・・・、
チョコレート デ マウンテンで温まって行って下さい。

そして、そして・・・
2月15日からのマウンテンシリーズは・・・
ホワイトチョコ デ マウンテンです!!
今年は、雪積もる姿に、舞う銀の結晶をちりばめ、
雪底から芽吹く姿を、苺で、咲かせてみました。

From : Micobo , Kobe Mikage & Tokyo Otemachi.

2019.02.10

かれこれ・・何年の月日を

足したり、掛けたり、引いたり、割ったり、
・・・きっと、失敗の数=美味しさの輝きに、
比例しているのでは?と想わせるカレーです。

近いようで遠い道のりのもと「この味!」に、
お陰様で辿り着きました。

『ミコボカレー』2月15日(金曜日)より、
神戸御影、東京大手町でスタートします。

ミコボのフード研究員のカレー物語、まだまだ・・続きます。

From : Mikage coffee labo. kobe mikage & tokyo otemachi.

2019.02.09

自家製ワッフル、大手町も!

神戸御影だけ先行して取り組んでました自家製ワッフル、
カフェラテ、コーヒーとの相性がイイと、大変好評を戴く
中で東京大手町でも、スタートする段取りをしています。

仕事の合間の一息・・・上司の皆様、お許しください!
きっと、エレベーターの上り下りが増えると思います。
なぜならば・・・テイクアブレイク!!
更に、欠かせない存在になるからです。ココだけのお話。

でも上司の皆様・・、安心して下さい!食べて戴けると
お解りになって戴けると思いますが、間違えなく!!
カフェラテとワッフルの補給!確実に生産性を上げます。

仕事の良きパートナーとなっていくと思います。
なぜならば、(輪ッフル)で(フル回転)です。

では、大手町の皆さま、スマホを・・・一先ず置いて、
カフェラテを片手に、ワッフルを頬張ってみて下さい。
一息(Take a break)入れると仕事、捗りますよーー。

From : Take a break. Micobo.

2019.02.07

珈琲との相性研究も重要!

私達(ミコボ)の仕事(研究)は、大きく観て・・・・・

美味しい珈琲を中心とするドリンクを開発する事と、
珈琲やドリンクにとって相性のイイ食べ物を開発する事。

そして、その商品を中心に、快適なサービス!空間!を、
磨き続け喜んで戴けるようご提供して行く事と思ってます。
名前の如く、それを豊かな方へ!研究して行くチームです。

シングルオリジンのプレスコーヒーに・・・相性イイ、
デニッシュを始めようと思っております。

欧州、ヨーロッパ文化では、当然のように、結ばれた関係。
日本で例えると・・「ご飯に♡お味噌汁」ぐらい・・??

近日、始める予定です。

From : Mikage coffee labo.

2019.01.29

Numero uno(No.1)と、

・・・出逢う為に、昨年末から今年にかけて、
本格的にジェラートの試作に取り掛かっかてます。

前世イタリア人のメンバーを相手にしてますので、
それは・・・それは・・、ジェラートには熱く!!
味にはとても厳しい取り組みとなっています。

全ては、NUMERO 1(No.1)を目指す為にです。

だいぶ・・・美味しく仕上がってきましたが・・、
まだまだ、更なる味わいを求め!歩みます。

一先ず、方向性を、みんなと確認し合いながら、
途中経過のジェラート、微笑む姿を「記念撮影」。

いつも想う事ですが・・・ジェラートの素材って
色合いって、配色って、本当にカワイイよねー。
日本の素材の色合いも凄く!可愛イイんだけど、
イタリアの独特な淡~い素材感の色、好きです。

From : Mikage Coffee Labo (Micobo Gelato)

Next »