Home > Coffe kenkyujyo
2019.07.02

14:59 黒糖タピオカ、確保!

空前のタピオカブームとなり、特に、この夏、黒タピオカが入手困難になっているそうです。御影で過ごす方や大手町で働く方に、都心で並んでまで・・・って思う方々の為に、ミコボメンバーが取り組み始めた「黒糖タピオカのアイスカフェラテ」、

美味しく仕上がってますので、是非!この機会に、御影の皆様、大手町の皆様、楽しんでみて下さい。タピオカ!確保しました。

From : Micobo , Kobe Mikage & Tokyo Otemachi.

2019.06.24

夏、キウィ日和を・・

どうぞ、お楽しみ、お過ごし下さい。

ビタミンを取り込み、「夏と緑の調和」。

From : Micobo , Kobe Mikage & Tokyo Otemachi.

2019.06.23

ミコボカフェの額装「H-区画」

H-区画 「ミコボの夏、アイス珈琲と共にお楽しみ下さい。」

From : Mikobo , Kobe Mikage & Tokyo Otemachi.

2019.06.23

ミコボカフェの額装「G-区画」

G-区画 「ミコボの夏を、珈琲と共にお楽しみ下さい。」

From : Micobo , Kobe Mikage & Tokyo Otemachi.

2019.06.20

黒糖、タピオカ珈琲ミルク。

御影や大手町で、ミコボで、タピオカドリンクをする事に、正直、賛否はありました。でも・・4年前にシーラーの機械含め、やろうとしていた事や・・逆に、大人の暮らす街(御影)や大人の働く街(大手町)で、豊かに美味しくご提案してこそ!「私達(ミコボ)のお役目」と思い。

是非!美味しい黒糖と珈琲で仕上げたミコボのタピオカドリンク、この夏!一度は、お試ししてみて下さい。

凄く!「美味しい大人の味」に仕上がりました。

From : Micobo , Kobe Mikage & Tokyo Otemachi.

2019.06.19

ミコボカフェの額装「F-区画」

F-区画 「ミコボの夏を、珈琲と共にお楽しみ下さい。」

From : Micobo , Kobe Mikage & Tokyo Otemachi.

2019.06.16

ミコボカフェの額装「E-区画」

E-区画 「ミコボの夏を、珈琲と共にお楽しみ下さい。」

※額装の入れ替えは、6月の中旬頃を予定してます。

From : Mikage Coffee Labo & Take a Break.

2019.06.13

ミコボカフェの額装「D-区画」

D-区画 「ミコボの夏を、珈琲と共にお楽しみ下さい。」

※額装の入れ替えは、6月の中旬頃を予定してます。

From : Mikage coffee Labo & Take a  break.

2019.06.11

アイスラテに?何か一つ。

そう思う日・・、気候?時間帯?仕事の流れ?調子?小腹?

そう感じた時・・・ありませんか・・?

ご提案、「ホット&クール&スウィーツ、是非!是非!」


From : Micobo cafe & Micobo gelato.

2019.06.10

ミコボカフェの額装「C-区画」

C-区画 「ミコボの夏を、珈琲と共にお楽しみ下さい。」

※額装の入れ替えは、6月の中旬頃を予定してます。

From : Micobo , Kobe Mikage & Tokyo Otemachi.

2019.06.10

ミコボカフェの額装「B-区画」

B-区画 「ミコボの夏を、珈琲と共にお楽しみ下さい。」

※額装の入れ替えは、6月の中旬頃を予定してます。

From : Micobo , Kobe Mikage & Tokyo Otemachi.

2019.06.08

珈琲党のお父さん向けに・・

ミカゲコーヒーラボからのご提案です。

「父の日」の前日に、 珈琲党のお父さんに、好きそうなコーヒー豆を買って帰り・・・、翌日、 チョッと早起きして、目覚めに、格別に美味しい珈琲を淹れてあげる。

お父さん、いつも、ありがとう!!

「父の日」の朝、一味違う素敵な珈琲の香りを、是非!

From : Mikage Coffee Labo.

2019.06.07

青リンゴとミントのソルベ。

ローマ、想い出の一品を再現、再構築。

メンバー二人がイタリアの旅も終盤に迫るなか、ちょうど京都本社にイタリアの輸入関係の方が訪問される中で、ローマでお進めのジェラートショップありませんか?から始まり・・・

輸入担当者に、超ーーーーーーーマニアックの方が居るので、その場で聞いて戴き、ローマだと、ココに行くとイイですよ。って、ご案内を戴き訪問してきた時の味わいです。

イタリアのジェラートショップを沢山周ってきた二人の中でも・・・ココは、突出して美味しかったお店のようです。

その中でも、「青リンゴとミントのシャーベット」は格別で。

再現、再構築を目指して、あーでもない。こーでもない。と、何度と繰り返す中で・・訪問したメンバーの一人が工場に手伝いにきた際、再度、ミントの処理を気が遠くなるような感じでしたが、一枚一枚、丁寧に刻み、香り活かし、練り混ぜる事で・・・、メンバーの声はテンションが上がり「それ以上ーです!」「めっちゃ美味しいーです!」

そして、もう一人のメンバーも工場に遊びに来た際、満面の笑みで、うーん、超えてます。間違えなく!超えてます。めっちゃ、美味しい―イイ。止まらない―イイーーと。

では、神戸御影のミコボジェラートまで、どうぞ。

From : Ice Cream Factory. Micobo Gelato.

2019.06.04

ブラウニー・コン・ジェラート

きっと、今までの人生なかで一番美味しいチョコケーキにコンジェラートのバランスと、みんな!で自画自賛しております。

でも・・・なかなか、その美味しさは伝わらず。

レストランやカフェで、盛り付けすると、こんな感じ?です。

撮影していても人気者ですから、さっと、みんなで・・味見?試食?という言い訳のもと、「あれ・・・もうないじゃん!」「一口取ってあるよ。」「ミルクジェラートが、ないー!!」・・「って、子供じゃないんだからー・・・、」「えぇ?子供じゃないんだから・・・バランス良く残しておいてよー。」

小競り合いは美味しい証拠。是非!皆様も、試してみてね。

From : Micobo Gelato.

2019.06.03

ミコボジェラートの想像・・・

ローマ時代、日本は弥生時代・・・もしかすると、

ローマ時代の頃、みんな、どこかで?会ってたのかなー。

前世の想像と今世の想像をイラストで描かれるなかで、来世は・・・、きっと!今世のお勤め次第だねーって、前世の「ジェラートの女神さま」の声が聞こえた?ような気がしました。

ミコボジェラート、ミコボカフェの前世、今世の移り変わり。

From : Micobo Gelato.

Next »