Home > Gelato no Coto
2020.01.19

ミコボジェラート、自分用に。

濃厚に仕上げてるピスタチオに、ラム酒がたっぷり浸かってるラムレーズンを、自分用で、御土産。

一日目は、ピスタチオを半分食べて・・翌日は、ラムレーズンを半分頂いて、3日目はお友達から戴いたトリフチョコを一つ食べ翌日にまわし、4日目はラムレーズンの残りを制覇してほろ酔い?、5日目は、大事に大事にピスタチオを戴きます。

とっても贅沢な美味しいミカゲジェラートライフです。

やっぱ、冬に戴くアイスクリームは最高!!

From : Micobo Gelato.

2020.01.13

最高峰のアフォガード!!

めっちゃ美味しいエスプレッソがあって、

めっちゃ美味しいミルクジェラートがあるとしたら、

それは・・・、それは、アフォガードの美味しさを沢山の方々に、紹介、広める事を託されたような使命です。

阪神御影で、この美味しさを託され、お届けしてます。

私達が誇る仕事、珈琲業とジェラート業の強みを組み合わせ、この春から、全国の皆様にも、是非!味わって戴きたい気持ちを込め、ギフトでも送れるように研究中です。

まだ、研究中ですが、ギフトが届いて自宅で戴くシーンです。

From : Mikage Coffee Labo & Mikobo Gelato.

2019.11.29

寄り添うカップの関係性。

阪神御影駅で、下車、東側に向かって・・・

1階、山側は、ジェラートです。

2階、改札側は、カフェです。

どっちにいく?それとも、2階でランチカフェして、その後、1階でジェラートを食べて帰ろうか、うん!イイねー。それがイイ。

From : Mikage coffee labo.

2019.11.27

マロン好き!アップル好き!

さぁ、御影駅で下車して、1階のミコボジェラートまで、どうぞ。

今週末より、冬のフラッペ始まります。

愛すべき味覚を巡らせ、冬のお気に入り、「御影」でね。

From : Micobo Gelato.

2019.11.19

室温10℃、工場の空気感・・

つい最近まで知らなかったこと・・・

リモコン温度を下げていくと、温度設定が18℃で止まるかと思っていたら、まだまだ・・まだまだ・・さがる?

なんと、10度まで下がりました。

設備屋さんが、気を利かせてやっておきましたー。

・・・って、言って下さいよー。もう1年経っちゃう(笑)。

アイスクリームの材料達は、うんっと喜んでいます。

でも、工場長はチョッと寒がってました。

OUCAのニッポンのアイスクリームや、MICOBO GELATOのイタリアンジェラートは、このような環境で育ってます。磨かれております。そして、丁寧に、丁寧に作られています。

From : Ice cream factory.

2019.11.07

ハートに象られた柿氷菓。

どう感じるか・・どう捉えるか・・どう好転するか、幸せな物事の象られ方は、だいぶ違うようです。幸せなアイス作り、愛す作り。

感謝を感じ、愛を感じ、幸せを感じてます。

柿の氷菓、凄く!美味しく出来上がりました。

From : Ice Cream Factory.

2019.10.22

食後のデザート、御影駅下車。

三宮でたっぷりご飯を食べてきた・・・帰りしな、

御影駅で下車、ミコボジェラートで、〆のジェラートを!!

又、逆に西宮で飲み会があった帰りしな三宮方面のメンバーと一緒に阪神御影駅で下車、〆ジェラートを、どうぞ。

・・イタリアみたい!リトルイタリーみたい!

阪神御影で嬉しい贅沢な食後のデザート「〆のジェラート」。

From : Micobo Gelato.

2019.10.19

阪神御影の1階で!2階で!

1階は、パンプキンのフラッペでしょ・・・

2階は、かぼちゃ畑のラテとかぼちゃのワッフルでしょ・・・

秋、入口の献立は彩りは、1階も2階も可愛い黄色に包まれ・・

皆んなで、黄色を飲みにィー黄色を食べにィーお越し下さい。

そして、幸運のえびす南瓜をたっぷり摂取して下さいね。

From : Micobo Coffee & Micobo Gelato.

2019.10.11

大切な個性を養うために・・

 楽しんで!磨き続ける空間ディスプレイとセンス。 。

私達は、きっと、イタリア文化やフランス文化に多くの感覚を影響されてきていると思います。素直に「美しい、カッコイイ、可愛い、素敵、オシャレ」を感じとりつつ、一人ひとりが、個性と美意識を、日常の営業を通じて、楽しみ、磨き続けております。

そして、開業より半年経ち、

さぁ!更に磨いて行こう。 って・・・

さぁ!更に楽しんで行こう。 って・・・

陽気な仲間、前世イタリア人達を中心に大盛り上がりでした。

From : Micobo Gelato.

2019.10.05

秋、始めのフラッペは・・・

少しタイミング的に遅くなりましたが、巨峰とパンプキンのフラッペからです。さぁ!秋を阪神御影で味わって下さい。

秋の色彩感覚、自然風土の素材をフラッペから、どうぞ!

From : Micobo Gelato.

2019.09.26

ホイップ派?ウェハース派?

先ずは、ジェラートの選択、悩みに悩んで・・、三種類のジェラート選びが整ったら、もう再度!最後の決断で、ホイップクリームにしますか?それとも、ウェハースにしますか?の問いに、「さぁ!どっちにしましょうか・・・?」

ソルベの比重が多いから?・・ホイップクリーム。

濃厚系のジェラートの比重が多いから?・・ウェハース。

・・等と、どうぞ、お選び戴いたジェラートと対話を楽しみながら、ミコボジェラートの組み合わせを味わって観て下さい。

From : Micobo Gelato.

2019.09.21

自宅で、濃厚な甘~いシーン。

お気に入りのお皿に、シルバーを用意して!

濃厚なチョコレートケーキに、

濃厚なミルクジェラート、そして、その上から、たっぷりとチョコレートソースをかけて、仕上げにカカオパウダーで全体を覆って出来上がりです。

これに、チョッと、濃い目のカフェオレやココアやミルクティーの相性は、言うまでもなく、抜群です。秋から、冬にかけて「ご自宅で、デザートの献立に、どうぞ。」

From : Micobo gelato.

2019.09.16

気合いの入り、が違います!

コーヒー専門店が取り組むジェラート屋さん、

それはそれは、コーヒージェラートに対する向き合い方は尋常じゃ~御座いません。拘りに、拘り抜いた結果、今現地点は「003のブラジルブルボン」を主軸に、時折、「018のブルンジブジラ」をジェラートメニューとして出しています。

食べ比べると、本当に解りやすく、ビックリする程に豆の特徴を、ジェラートから味わえる事が出来る面白さです。

秋の一画(時期を見計らって)、コーヒー企画、食べ比べで味わって戴くコーヒージェラートティスティングを模索中です。

From : Micobo Gelato. coffee gelato.

2019.09.10

もの凄い!美味しい組み合わせ

・・・なんですけど、テイクアブレイクご利用戴く皆様に、

なぜか?「浸透してない感」が、凄―――いあります。

大手町の皆さ―――ん!

お仕事の合間に、コーヒーとジェラートの潤いを――、

イタリア人みたいでしょ―――!!

では、ダブルの潤い補給に、是非、立ち寄ってみて下さい。

神戸御影にあるミコボの本店の一階にミコボジェラートと言うアイスクリーム屋さんを、春に開業しました。ジェラートの美味しさを、ご案内がてら「カフェ+ジェラートのセット」を、ご紹介させて戴いております。

From: Take a break & Micobo gelato.

2019.09.02

秋色を覗くスプーン。

ミコボジェラートのアトリエスプーンは、基本、真っ白なスプーンで、必ず!ティスティング(味見)を行います。

そして、もう一つ大切な焦点は、季節の色合いを覗く。

気をおさめ、焦点を絞り込み、白いスプーンを見つめて、色あい、味わい、口当たりと、総体的な部分を感じ捉えながら口の中で溶かします。創造の中で解かします。

ではでは、秋味、秋色、もう少しお待ちください。

From : Micobo gelato.

Next »