Home > Karuizawa no Coto
2020.09.15

真っ白を、味わう。感じる。

もっともっと、物事をシンプルに捉えようとする際、真っ白なキャンパス(澄んだ空気感)に目を向けている感覚を知る。

そこで、探りよせる「大切なもの」「大切なこと」。

やっぱり、温かい、ご縁でした。

From : Kitchen studio in karuizawa.

2020.08.06

幸運のキュウリが、軽井沢の

プチ菜園から、毎年届けられます。

今年は、京都のアイスクリームファクトリーに届きまして、早速、工場長の大好物の茗荷と、何事も成す!なすと、幸運のキュウリを合わせて浅漬けを拵え、みんなのランチでもてなされました。シャキシャキっと幸せを感じました~。感謝。

From : Ice cream factory & Kitchen Studio .

2020.07.28

豊かな緑が溢れる散歩道。

必ずしも意図して植えたものでない樹木が、月日を経って生長を繰り返し、豊かな散歩道を創り上げてくれている事に、改めて気がつかされます。

心が満たされる散歩、散歩道、歩む道のりに、もっと、感謝するべきと自然から学びます。

From : karuizawa Kitchen Studio.

2020.03.05

厳しい時こそ、掃除から学ぶ。

飲食業やデザイン業を営みを続けて行く中で、ずーーーと、言われ続け、学び続けている事がお掃除です。整理整頓です。そして、感謝のもと、元を思い浮かべながら・・

はき掃除から始まり、拭く、拭く、福掃除へ!と・・・

そして、イイ循環を描き、イイ末広がりを描き、福の創造。

掃除をしていると、耳を澄ませやすい。無心になりやすい。心を落ち着かせやすい。似たような感覚で言うと、愛犬と触れ合っていると、何かを伝えようとする一心を、耳を澄ませようと、心を落ちかせているようになっています。

掃除と共に、愛犬からも多くを学んでいるようです。

From : Karuizawa Base.

2020.01.10

想像、創造を巡らせて・・・

相対的な論理(モノ作り)に明け暮れた時代から、

絶対的な『創造(物づくり)』に、ようやく歩き始めたように感じてます。起点となった軽井沢は京都から観ても、東京から観ても、神戸から観ても、相対的な論理からは外れて、バランスや位置や環境や気温や標高や価値観などを教わる事と。

改めて、大きな大きな価値に気がつくことに・・・

心、魂の時代が来たようです。

From : kruizawa base , Kitchen Studio.

2019.12.07

キッチンスタジオの番犬・・

と言いますか、守り神的な存在です。

また、特技で、お誕生日のメッセージを贈ってくれたり、勇気つくような言葉をかけてくれたり、みんなの心を和ます存在でもあります。でも、たまに・・・動き出します。

軽井沢、とても寒くなってきてますが・・・

天は快晴!守り神のキュンキュンも良好です。

From : Karuizawa Base Kitchen Studio.

2019.12.01

この表情を見ると・・・

心温もるワクワク感、クリスマスを感じながらも・・・、

不思議と、ソワソワ感?きっと、同居するバタバタ感かな〜?

年末って、なぜ、バタバタするんだろう。次の年に羽ばたく為!

お歳暮の準備、お誕生日の準備、クリスマスの準備、年末の準備、お正月の準備と・・・それでも、心落ち着かせ、愉しませ、有り難いイイ1年に、感謝を思い返しつつ12月を満喫しよう。

From : Karuizawa base , Kitchen Studio.

2019.11.14

京都とは一味違うけど・・

軽井沢の紅葉も、やっぱり、綺麗だねー。イイねー。

ほんと、素敵だねーっ。

紅葉刈り、楽しそぅー、食べてる。食べてるーって。

From : Karuizawa Base Kitchen Studio.

2019.07.18

優美なる空気感を求め続ける。

軽井沢の穏かな時の流れ・・・

空間、骨組み、あえて過去の繋がりを尊重していくなかで、素材や色彩や仕上げのセレクトやデザインによって、新たな可能性を満ちた雰囲気(空気感)を作りだします。機能性や合理性だけでなく、経年変化を楽しめる空間作り、調和、温もり、落ち着き(空気感)を、只管、求め続けているように思います。

汚れも、傷も、凹みも、全て調和の一部のようです。

そして、磨かれる為の一部と・・・

From : Karuizawa Base. Kitchen Studio.

2019.07.15

寛ぐ眺め「夏のご褒美」。

解き放たれた夏の森、夏の青空、

景色が眩しく透き通っていく心、心地よさ、贅沢に寛ぐ。

From : karuizawa base Kitchen Studio.

2019.06.27

夏の森々たる表情が眩しい。

ヒカリと伴に、白く清楚な空気感が包み一体化され、

透き通って行く心、未来の想像が活かされていく。

日々の動きが、イイ方へ!素直に実を、身を任せ、

森のように、寛大に、優しく、年輪、成長を重ねる。

見る。感じる。捉える。尺度、角度を自然から学ぶ。

軽井沢って、ほんとーに、イイところ。

From : karuizawa base Kitchen Studio.

2019.06.17

心地イイ、グレー感覚。

黒や白や偏りたがるんだけど・・・、

大丈夫!そう言う時こそ、自ら、グレー感覚を楽しもう!もっともっと、楽しもう!心地イイ、空気感、グレー感覚を。

京都で学び続けている事柄ですが・・・グレーの美、美しさ。

軽井沢では、ゆったり心を整える空気感のように思います。

木陰と言うか、日陰と言うか、心地イイ空気感を捉えるのも、味わうのも、全て自分の「気(心)」次第のように思います。

From : Karuizawa Kitchen Studio.

2019.06.09

緩やかな時の流れ・・

見かたを変えると、アイスクリームが色気を感じ、

見かたを変えると、椅子とカーテンから美しさを感じ、

見かたを変えると、階段が優美なる階段に感じる。

見かたによってドラマティックな時の流れやモノ作りの面白み世界観を感じられる。アイスクリームを作っていても、お弁当を作っていても、コーヒーを作っていても、ハンバーガーを作っていても、デザインをしていても、日々取り組むにあたって「どう・・・見るか?」と、軽井沢の環境に触れると、緩やかな流れから、いつも教わり、学ぶ事です。

何事も、イイ部分を「眺める習慣」をモノ作りに活かす。

From : Kitchen Studio. in KARUIZAWA

2019.05.25

同じものが3つ揃うお土産。

軽井沢の方々に、お土産!!を・・・と、「千疋屋さんのロールケーキ」が、息が合うと言うか、気遣い(喜びの絵)が重なると言うか、不思議な光景も合わせて戴きました。

美味しいロールケーキが3個揃うんだから、ほんと不思議。

千疋屋さん、軽井沢の方々、大喜びです!有難う御座います。

GUU、心の叫び、嬉しー!早くー!もう、我慢できないー!

From : Karuizawa Kitchen studio.

2019.05.22

育み方、愛と共に・・・

食べさせて上げようと干したものの・・・

まだまだ早かったようです。紅葉の若葉がもう少し濃い色に移り変わる頃、大地から抜き取り、干し始める!合図を待ち切れず・・・でも、これも優しさ、愛の育みでした。

成功も失敗も「育みの一つ」、成長の一つです。

愛の一つです。感謝。

From : Karuizawa Base. Kitchen Studio.

Next »