Home > Cafe no Coto
2021.01.18

姉妹店愛、蕾から開花の祝福。

再開に合わせ、「祝福のクッキーをサプライズで!と、嵯峨野湯のメンバーが拵えてくれてました。」嵐山クッキーをアレンジして、蕾バージョンと開花バージョンを、三味盛りアイスに添え、恵比寿の皆さんに喜んで戴こう!っと、夜なべして一生懸命作ってくれました。

京都嵐山から届く、櫻の蕾から開花された花びらは、沢山の方々の微笑みに変わり、あっという間に、恵比寿の街中に、季節外れの温かい桜の風が流れ、天高く舞ってくれたようです。

そして、京都では五条の花畑から、このタイミングで不思議と桜の枝が届けられたのですが、興奮気味に、再開の日、16日に見事に開花しましたー。って大騒ぎとなりました。愛溢れる気(気持ち)って、本当に不思議な流れを生み、言葉で言い表せない美しさがあります。

From : Japanese Ice OUCA & cafe style resort SaganoYu.

2021.01.17

恵比寿から繋がり続けてます。

私たちは、元々、恵比寿の駅前で、旅行と不動産とコラボした伝説のカフェ「OPENING CAFE」というお店を営んでおりました。そこからの襷(たすき)を繋ぎ・・・、

もっと、遡れば、恵比寿は、とても古く、35年前からのご縁です。何より、私達は、昔、大変お世話になったご恩に対し、アイスクリームの業態はやらない。と、決めていた中での「ジャパニーズアイス櫻花」の始まり、それも、きっと、昔から受け継がれてきた気持ち「襷(たすき)」を、私達に授けてくれたような流れ、開業当初より、ココから、恵比寿から、ミライ、未来、必ず!!カリフォルニアまで、「素敵なご縁」を「素敵な流れ」を繋げて行こう。皆んなで、ニッポンのアイスを世界中に届けよう。っと熱く、感謝し誓った事です。14年前に・・

このように、恵比寿に改めて、戻ることができ、繋がる事ができ、有難く、前へ、前へ、そして、未来へ繋げていきます。

全て、繋がっております。

全て、全て、感謝の繋がりとして繋がってます。

再開、再会に、感謝。
ジャパニーズアイス櫻花、スタッフ一同より。

@japanese_ice_ouca 樹齢、100年目指して!

From : Japanese Ice OUCA. by TOKYO EBISU.

2021.01.16

暖簾を100年守って一人前。

暖簾を100年守って一人前、・・・という考えを、祇園のお蕎麦屋さんのお母さんから、京都に来るたび、今までにない考え方を教わり、衝撃を受け、色々と感銘するなか、ちょうど16年前、社の拠点(本社)を恵比寿から京都に移します。当時は、不思議と軽い気持ちで・・、

きっと、その頃から、薄っすら私たちの道のりは、100年の方位に向かい始めたと思います。

お弁当の業態も、ハンバーガーの業態も、カフェの業態も、アイスクリームの業態も、コーヒー専門店も、デザイン室も、各ブランドは果てしない未来へ!向かっています。

そして、京都2年生の頃に始まったジャパニーズアイス櫻花も今年で14年目、この先、暖簾を100年、守っていけるよう未来の後輩達に繋げていけるよう挑み続けます。

追伸:この表情が86年後も残っていますように!!

From : Japanese Ice OUCA. TOKYO & KYOTO.

2021.01.15

明日、再開します。

緊急事態宣言の中での開業、本当に、悩みに悩みましたが、もしかすると、私達の中では、開業という言葉でなく・・、

実家に、故郷に、そっと、戻るような・・

お!帰ってたのかー? 

あれ、戻ってたのねー?って、

顔見知りの近所の子が、少し大人になって戻って来たような、恵比寿の皆さまに、何よりも、感謝の再会を、桜が咲く頃まで、ゆっくり、これから時間をかけて御挨拶、御礼をお伝え出来ればと、このタイミングにさせて戴きました。

ですから、この先、ずーっと、ずーーっと、恵比寿のココに居ますので、どうか、コロナが落ち着きましたら、是非、ちょっと腕をあげた!アイスクリームや氷菓や団子アイスや焼き芋アイスなど、どうぞ、召し上がりにお越しください。

改めてですが、皆んなで真心込めて、

#暖簾を守って生きます。行きます。@japanese_ice_ouca

From : Japanese ice OUCA.

2021.01.14

低糖質アイスの探究は、続く。

なんとなく解ってきたことは、砂糖、甘みの可能性、アイス、愛する方へ!導かれていくような感じです。

低糖質であっても、幸せホルモンが喜ぶ方へ!です。

かれこれ、昨年の春より、数千?数万個ぐらいの数を失敗してきている中で、ようやく、ようやく、ショーケースに出せるところまで仕上がり、今回の再開に合わせ、2バット程、お出ししていこうと考えています。

そして、これから、更に!味わいを極めつつ、春、桜が咲き誇る頃には、本格的に、お持ち帰りのカップやギフトなどでも、ご用意が出来るよう進めて行きます。

例えば、店頭でOUCAの小盛りカップ140mlに、2種盛りして、最中を付けて、塩昆布をつけて、糖質量は約10g~13gぐらいのイメージでデザインされていってます。

又、糖質制限されてる方ように、ほうじ茶とは別に、サラシア茶なども順次、ご用意していこうと考えています。

From : Japanese ice OUCA. in Ebisu.

2021.01.11

紙袋、長い歳月をかけ・・

ようやく!ようやく!完成しました。

開業してから、長年、オリジナルの紙袋を、何度となく取りかかるモノの・・イメージがまとまらず、繋がらず、結果的に、十数年の年月をかけてしまったのかもしれません。その分、お陰で、お陰様で、素敵な紙袋になりました!

デザイン室のメンバーの皆さま、本当に有難うございました。

沢山の方々に喜んで戴けると感じてます。

ただ・・、これからは、以前とはサービスが異なり、小袋を30円、大袋を50円と、少しだけお客様に、ご負担戴く事となりました。何卒、ご了承を戴き、尚一層のおもたせの表情を磨き続け、ジャパニーズアイスの文化を未来に繋げて行きます。

From : Japanese Ice OUCA.

2021.01.08

お団子、皿(舞台)選び・・・

お団子の気持ちになって・・、

アイスの気持ちになって・・、

みたらし餡の気持ちになって・・、

スプーンの気持ちになって・・、

カウンターの気持ちになって・・、

空間の気持ちになって・・、

色々な角度やシーンを想像し、そして、色々な気持ちを汲み取り、とことん「舞台演出」を考え抜いているような・・・大切な「皿(舞台)」選びのような感じです。

100種類ぐらいから、三つまで選び抜かれたものの、結果的に、一つ決められず、気候や季節や時間帯など、様々なシーンで表現しようとなりました。

From : Japanese Ice OUCA. by Tokyo Ebisu.

2021.01.07

チョコアイス解禁の準備。

1月下旬から2月下旬までの約一ヶ月間程の「チョコアイスの解禁!」を、今年も恵比寿と京都で行います。14年前に、ジャパニーズアイスを掲げた際に、日本の素材や献立だけで取り組む覚悟で進めて来たものの・・・

チョコレートアイスの要望が本当に多く、4年前から、この時期だけ、チョコレートアイスを解禁しています。そして、やるのであれば!!と、とことん、拘って作り上げております。

やっぱり、チョコレートアイスも、手間をかけた分、美味しさに繋がって行きます。今年は、更に、進化を求めて・・

From : Japanese Ice OUCA. Tokyo Ebisu & Kyoto Tominagacho.

2020.12.28

正月、おせちアイスの準備?

できてますか・・・

栗きんとんアイスクリーム、黒豆アイスクリーム、濃茶のアイスクリームなどなど・・・2021年の始まり、滑らかなスタート、愛すクリームで、どうぞ。

京都は、年始1月2日より購入できます。

【訂正】東京の皆さま、おせちアイスは、京都だけの取り扱いとなります。ザ・ガーデンさんのお取り扱いができてませんでした。間違ったご案内、本当にすみませんでした。

ジャパニーズアイスクリームの年始めを、どうぞ。

From : Japanese ice OUCA.

2020.12.22

師走、林檎パフェで、一休憩。

毎週末、お掃除後の一息で、焼き芋アイスを求め・・、

でも、タイミングが合わず、二週連続で売れ切れで・・、

余儀なく、林檎パフェのつもりが・・、

今週末こそ、焼き芋アイス!と、思いつつも・・・

すっかり、気持ちが林檎パフェの大ファンになっており、週末の一息、ご褒美の選択に、きっと、大きく迷いそうです。。

師走、年末の甘ーくって、美味しい悩み、迷いの一シーン。

From : Japanese ice OUCA.

2020.12.13

砂糖作りの基礎中の基礎を・・

このタイミングで、なぜ?学ぶべきか・・・、

実は、今年の春頃から、再度、低糖質アイスクリームの開発、研究に取り組んでいます。8年前に壁となった素材、甘味料の知識不足、知恵が出し切れず・・でした。

そして、数多くの経験を歩む中で、でん粉由来の糖、その他の糖、糖アルコール、天然甘味料、人工甘味料の知識を付けるほど、基礎中の基礎の考え方に戻させられて行ったのです。

そのタイミングで、砂糖の博士とのご縁、出会い、それはそれは私達のアイス作りに、超!スウィートな刺激を頂いてます。

博士からは、数多くの原理や知識は勿論のことですが、原始的なサトウキビを苅り、圧縮機にかけ、本来の甘み、採れたての味わいなども学ばせて頂いてます。

採れたては、果物の搾り立てを戴いているような感じです。

そこから、砂糖になっていく原理を知る事と・・・

留守番中のメンバーには、サトウキビの皮をそり落とし、表面を、軽くバーナーで炙り、噛み絞り出して飲んで戴きました。

砂糖の素、サトウキビの一皿、デリシャス!でした。

From : Japanese ice OUCA & Ice cream Factory.

2020.12.10

恵比寿アトレ「ガーデンさん」

12月11、12、13日(日曜)まで、推奨販売を実施してます。

期間限定のクリスマスセットをご用意してます。OUCAでは、今まで味わえなかったメニューも、この時期だけの限定として、ご案内させて戴きました。

ピスタチオ、ラムレーズン、アップルシナモン、洋梨、フランボワーズ、そして牛乳アイスクリームの6個詰め合わせです。

この機会に、是非!味わって頂きたい「自信作」です。

※クリスマスセットは、クリスマスまで販売をさせて戴きますが、なくなり次第、終了となります。

From : Japanese Ice OUCA. CHRISTMA SET.

2020.12.09

中継ぎのお芋さんで愛すを繋ぐ

・・自然を相手にする農作物、不作の時期や大幅に出来が遅れたりする時などもありますが、今回は特に、このコロナ禍の中での不作、と言う話を聞くと、やりきれません。それを聞くと、来年の1月中旬頃には熟成するので、私達の販売も待つ?という流れにもなりました。これも、愛かもしれません。

でも、毎年、沢山のお客様に喜んで戴ける「土台(毎年、大切に取り組む姿勢、タイミング)」に、忠実に始める事こそが、様々な恩返し(全我の愛)になるんではないかと熱い議論となり、急遽、今週より、茨城産のシルクスウィートと、大分県産の甘太の2種類を「中継ぎ」として活躍頂く事となりました。

多くの飲食業の皆さまも・・このコロナ禍で、繋げる事の難しさ、繋ぐ事とは?と、これは、愛情?それとも、人情?それとも、同情?って深く考えさせられる事が本当に多くあります。

2020年の冬は厳しい事になりましたが、コロナの終息を願い、私達の焼き芋アイス、愛す。始めます。

追記、種子島の恵み、美味しさ、皆んなで待っています!

追記、また、「中継ぎ」のなかでも、色々と、手配して戴きました市場の皆さまにも熱くお礼を申し上げます。いつも、温かく力添えを賜り感謝してます。

From : Japanese Ice OUCA.

2020.12.07

砂糖作りを実感するために・・

博士のもとに、教わりに、学びに、伺ってきたのですが・・結果的に、物作りの基礎、根底を学ばさせられたような感じです。正に、物作りのあり方、なり方を受け継がれてきている「真心(ハート)」に感動するばかりでした。。。

改めて、凄い!物作りの方々とのご縁、本当に有り難いです。

From : Japanese Ice OUCA.

2020.12.05

桜の木、恵比寿に再び、植栽。

11月30日(月曜日)一時休業してから、ちょうど丸2年の月日を経て、植栽することとなり、とても感慨深く、感謝と共に浮かべた絵は、再び、櫻花のカップを片手に、恵比寿の街は、笑顔で、満開です。

そして、この地で、花を咲かせ続けていく為にも、更に、根をしっかり張り続け、一輪、一輪、年輪(努力)を重ね続けて参ります。

追記、エルゼアールさんの皆様のお陰で、とても素敵な日となり、温かいお気遣いに感謝してます。来年、又、店内に素敵な生花は、私達、お客様達の楽しみの一つです。

Elzeard(@elzeard_flower)

From : Japanese Ice OUCA. tokyo ebisu.

Next »