Home > Obento no Coto
2018.04.12

ジャパベンの45品目弁当。

一つひとつに、働く人の元気!運気を!テーマに、
ベントークリエーターの想いが温かく詰まってます。

主に、お弁当を作らない方用の取り組みですが、
この45品目のバランス弁当は、あえて・・・
お弁当を作る方の気持ちになって仕上げた一品です。

それでは、汐留・大手町で忙しく!働く皆さーーん。
色々な意味で、バランス!を取って下さーーい。

From : Japaben , Shiodome & Otemachi.

2018.04.10

ジャパベンスタッフ募集!

〇 仕事内容 お弁当の製造・販売

〇 時給 ¥1,000 ~
  ※研修期間中だけ¥960(研修期間あり)

〇 勤務時間 7:00 ~ 22:00(シフト制)

〇  応募資格 18~35歳 位まで
  未経験者の方でも大丈夫です。
  フリーター・学生・既婚者・Wワークも可能です。
  安定的に働く方には、社会保険等も完備してます。

〇  勤務地
  汐留: 汐留シティセンター デリブティック内
  大手町:フィナンシャルシティ グランキューブB1F

〇  勤務待遇 交通費支給
   ※一日支給往復¥930まで
   制服一部支給/社内割引あり
   昇給・社員登用制度有/深夜手当有

お問合せ先 03-6262-5080
大手町テイクアブレイク 担当:山崎(やまざき)

From : Japaben , Shiodome & Otemachi.

2018.04.02

新年度の始まりは!!

春野菜と鰹節(勝男武士)です。
新たな年度の芽吹きに因み、春野菜。節目に、鰹節!鰹出汁!出世出汁!!
汐留、大手町で働く皆様にとって、益々、今年度も今期もカツお過ごし下さい。

尚一層に、イイ出汁(運気UP)をお届けできるよう頑張ります。
お陰様で4月10日、汐留でジャパベンを結成して15周年を迎えます。

これも、日頃、御贔屓にして戴ける皆様が当ってこそ、
心より感謝申し上げます。 ジャパベンスタッフ一同。

From : Japaben , Shiodome & Otemachi.

2018.03.31

ワンランク上を目指し!!

今回の主役は、チョッとスパイシーに歯ごたえ優しい「鴨です。」
そして、名脇役は、なかなか深い酸味を効かせたバルサミコのベリーソース、
そして、安定的な脇役は、ほんのりバター香る新じゃがのマッシュポテト。

・・と言う配役でまとめました!と、ホットサンドの演出家のコメントです。
うん!イイねーー。今回の公演(ご提案)も、大入り!だね。

From : Micobo , Kobe mikage & Tokyo Otemachi.

2018.03.28

花粉症、もう少し意識・・・

しとけばなーーーって、鼻、ムズムズしながら振り返り反省をしていました。

ある方との対話で、今年の花粉症(アレルギー)に対して身体が強く反応しているんですよねー。
「やっぱり、冷えですよー。冷え。下半身の冷えですよー。冷えてるんですよ。気づいてないだけ。」

・・・って、お風呂で半身浴してみて下さい。きっと、”鼻水や目のかゆみ”とれますよ。
それを道理と考えれば、身体が温まる食事と環境と体操「福29体操!(足首体操)ですね。」

春の為に!冬の過ごし方(味噌・生姜・スパイス等)×(福29体操)ご提案方法含めて、
来年、更なる提案課題を学びました。「結果的に・・花粉症より知恵を頂戴することと。」

残り2日間となりましたが、生姜とスパイス企画のお弁当、どうぞ、お楽しみください。

From : Japaben , Shiodome & Otemachi.

2018.03.22

御影も、大手町も、春味。

春の陽気、春の色合い、春の風、春のフルーツ、春の空気感・・・

ミコボの春「お勧めドリンク」は、このような表情です。
是非!春味を、どうぞ味わいにお越し下さい。

From : Micobo , Kobe Mikage & Tokyo Otemachi.

2018.03.20

珈琲と牛乳の関係性・・

混じり合いを研究し続けて30年近くになります。・・と、少しお腹がでた研究員の一人が、
ぼそっと話す中で・・、少しづつ世の中の嗜好も変わりつつありますが、サードウェーブ、
新たな塩流と、色々と言われつつも、結果的に、味わいも、スタイルも、もてなしも、

改めて、イタリアのカフェ文化(カルチャー)は、やっぱり『凄いな~』の一言です。
珈琲ベルトがあるように・・・
牛乳(ミルク)ベルトがあり、焙煎ベルトがあり、抽出や水質や文化性など・・・
珈琲と牛乳の関係、美味しく戴けるように生まれてきた、環境に、歴史に、風土、
・・・この混じり具合、色合い、香り、美しさ、本当に、素晴らしい関係性です。
どれだけの人が、この飲み物に魅了され続けているだろうか・・・研究はつづく。

From : Micobo , Kobe Mikage & Tokyo Otemachi.

2018.03.17

生姜とスパイス生活!を・・

出来れば、あと少し、あとチョッとの期間を意識して!大切に取り組んでみて下さい。

来週、再来週、3月19日から3月30日(第4段目)で、”温活(温循環生活)”は終了となります。
この時期(2月・3月)を通じ、ゆっくりと春・夏対策!と繋がる「温活」は、如何ですか?春にかけて苦い食材を食し、夏対策をするのと同じような事で、まだまだ、この時期に身体の芯を温める素材や血液の循環を促す素材を頂くことにより、イイ方へ!と繋がる身体づくりへ、腸づくりへ、芯作りへです。

あとは、一に散歩!二に散歩!三に散歩!常々歩く!意識を、
仕事の合間、合間を、どうぞ、歩いて足首を動かして下さい。

食循環と歩く循環は・・心も、脳も、活性され、
益々と、元気UP!益々と、運気UP!です。
今、好調なのは・・・?
今まで、食べてきたバランスです。
今まで、想像してきたバランスです。
イイ方へ!イイ方へ!シフトチェンジしてみて下さい。

私達が、生姜×スパイス生活で学んできた「有り難い経験値」です。

From : Japaben , Shiodome & Otemachi.

2018.03.15

御影!大手町!イチゴの朝。

15日、イチゴの日から始めます!御影も大手町も、春の目覚めは、
苺でビタミン摂取・・、ゆで卵でたんぱく質補給・・・、そして、
コーヒーでスウィッチ・オン!神戸御影、東京大手町、小春の朝!

From : Mikage Coffee Labo.

2018.03.12

美しさを引き出す為に・・

徹底的に見つめる。
徹底的に想像する。
徹底的に思い続ける。

今年、みんなで!掲げた「何事にも、『徹底』と言う言葉を取り入れよう!と・・・。」

飲食業をクリエイティブ業として捉え歩む18年目、お弁当も、カフェも、アイスも、珈琲も、ハンバーガーも、勿論!デザイン業も同じく、私達の「モノ作りの基礎」です。
これから、関わってくるメンバーの皆様、共にクリエイティブ業を盛上げて行きましょ。
AIでは出来ない!!もの作り、取り組み、存在価値、価値の創出を・・・美しさを・・・引きだす為に。

From : winwin associa,inc. design room.

2018.03.09

この時期だけの朝提案です。

ホワイトをテーマとする朝のモーニングトーストです。
ベーコンに、クリームチーズに、ブラックペッパーに、そして・・蜂蜜。

クリームチーズトーストは男性のお客様から人気で・・・
何日までやっていますかというお声をいただいています。
このように、ご要望頂ける声をイメージして拵えた商品ですから・・・
男性の方々が喜んで戴き、めっちゃ嬉しいです。

ではでは、次は?何を提案しようかな・・・。

From : Micobo , kobe mikage & tokyo otemachi.

2018.03.05

チーズタッカルビサンド。

登場しました・・ココまで来ました!!
ミコボのホットサンドは、まだまだ、無限です。
美味しく!ユニークな御影仕込みのパワフルサンド。

ランチとして充分、夕方まで、腹持ちしますよーー。

From : Micobo , kobe mikage & tokyo otemachi.

2018.03.03

極上のアイスカフェラテ。

まだまだ、気が付かれていない。知られていない・・・。

この美味しさ、ビターで、キャラメル感。
私達のカフェラテ、アイスカフェラテ。
エスプレッソの美味しさが、カフェラテの美味しさです!

・・・って言っても、過言ではありません。
この豊かさを、もっともっと!伝えなければ、届けなければ。
毎年、季節の変わり目、テーマ、課題となっていることです。

先ずは、神戸御影で、東京大手町で・・カフェラテ活動を!

From : Micobo , kobe mikage & tokyo otemachi.

2018.02.28

3月はホワイト素材、お届け。

1月後半から2月は、女子に喜んで戴けるようチョコカラー、一色でした。
そして次は、男子の方々に、喜んで戴こうと!楽しんで戴こうと!
3月の中盤まで、ホワイトカラー素材、一色にしました。

ミルク、練乳、ホイップクリーム、クリームチーズ、ホワイトチョコ、届いているかな・・・

From : Micobo , kobe mikage & tokyo otemachi.

2018.02.23

お弁当生活の一部に・・・

スパイスを積極的に取入れる季節、まだまだ勉強中ではありますが、
年を重ねる事にスパイスの奥深さに魅了されています。

スパイスが、スパイスとして生まれてきたことに・・・。

From : Japaben , Shiodome & Otemachi.

Next »