Home > Team no Coto
2018.05.26

喜んで戴こうと試行錯誤・・

・・・を、何度も何度も、各ブランドで繰り返す中で、
本来は、このブランドで出そうとしていたスタイルも、
少し表情を変え、他のブランドで出す事もあります。

また、このブランドでだしたものの・・・
不思議と、全然・・喜ばれず、でも?他のブランドで
凄く!喜ばれると言うケースも数々存在します。

ですので、各ブランドの開発メンバー、デザイン室は、
あれ?って・・・思うことも、多々あります。
でも全我、喜ばれる所に届ける!が、目的なので・・。

そうやって、開発の神さんと楽しんでいるような・・
学んでいるような・・結果、活かされているようです。
そこで、一番教わる事は、毎回、素直、素直な力です。

開発に、正しいや間違え等を問い続ける?・・・前に、
うん!イイ方だねーって、素直を見出す力!「本質」。
きっと、素直は脳を越え続ける感覚(心)の目印です。

・・できた時には、そうそう、と想うモノも、出来る
前は、世の中で数人しかその映像や閃きは観えてない。
だから、自我を抑え、全我の心で、一歩前へ!!
素直に、与えられる役割や役目に表れる「閃き」って、
大切にする事によって、潜在能力は喜ぶ。役目なので!
そうする事によって、活かされ続く道理だと・・・

ですから、枯れないように惜しみなく!出し続ける事。
ですから、衰えないように惜しみなく!提案を続ける。
ですから、閃き(潜在能力)、気がツキに有難う。を!

さてさて、ワッフルは、素直力で、どう?道のりを・・

一歩目は、エベスバーガーで喜んで戴く為の提案を考えつつ、
そこから・・各ブランドの可能性を俯瞰(全我)して行くと、
喜ぶ顔、喜ぶ環境、喜ぶ商品、無限のようで「うん!イイ」。

From : winwin assoicia,inc.

2018.05.05

基礎は、イタリアに・・・

・・っと、唐突に話してしまいましたが、私達の基礎、
どういう事かと言うと、珈琲文化とアイス文化の基礎、
特にイタリア文化に欧州文化に影響を受けています。

それを確めるように、味わおうと、身につけようと、
GWの代休で、イタリアに食道楽の旅へ行ってきます。
って、ジェラテリア、バール探索の計画を聞く中・・
ほぉーーー、面白そうだね!って言う事となりまして、
インスタに記録して行こう。と、盛り上がりました。
この後、続く後輩達のイタリア、欧州旅行の為にも!

タイトルは、winwin_a_italiana (近日公開です。)
ジェラートやイタリア文化を沢山!戴いてきまーす。
の旅、面白そ―でしょ。。楽しそーでしょ。。

50年、100年続く、ジェラート屋さんやカフェを・・
日本で味わうのって感じるのって無理ですよねー。
真の目的(求める価値)は、←ココだと思います。

50年、100年喜ばれ続けてる「価値とは?」

日頃、京都、東京、神戸で古くから続く老舗さんを
感じるように・・イタリアで、アイスやカフェを。。
素敵な現代と過去を、楽しく味わう旅になりそう・・

って言う事は、お弁当屋さんの影響を受けたのは・・
NYマンハッタンですので、ジャパベンチームは、
JapaneseBentoBOXを求めて・・・NYへ!どう?

BENTO BOXを学びに、NYへ!行こう。行こう。

From : winwin associa,inc.

2018.04.08

不思議な不思議な循環・・・

不思議と・・偶然の流れ、
不思議と・・偶然の循環、
不思議と・・偶然の喜び。
天に向け、ありがとーーーう。
いつも、ありがとーーーう。

From : winwin associa,inc. ” winwin-Godfather “

2018.04.03

まみちゃん家のハッサク。

有り難い春に頂戴する「苦味、恵み」を、改めて美味しく戴いてます。

ジャパベンで毎年、ご紹介をしている!お勧めしている!筍をはじめ、
この時期に苦み食材を積極的に頂く「夏へ!の身体づくりの一つ」。

ココ最近「ハッサク」、食べてなかったな~、すっかり・・皮がむきやすいや、皮ごと戴ける甘いだけの柑橘系に・・、改めて、頂く中で・・ハッサクの美味しいこの苦味!そうそう、この苦味!イイーーー、
身体に染み渡る――。身体が喜んでるーー!って、八朔の恵みに感謝をしてました。

マミちゃん、ありがとーーーう。

From : winwin associa,inc. design room.

2018.03.14

御礼、お返しにチョコリップ!

春の風や花粉症など、口元がカサカサにならないよう・・、

日頃の感謝を込め、チョコレート好きな・・・、
大切なメンバーに、チョコリップをお届けしました。
喜ぶ口元に、喜ぶ表情に、喜ぶコメント、
とっても艶っぽく、みんな、潤って頂いたようです。

From : winwin associa,inc.White Day.

2018.03.12

美しさを引き出す為に・・

徹底的に見つめる。
徹底的に想像する。
徹底的に思い続ける。

今年、みんなで!掲げた「何事にも、『徹底』と言う言葉を取り入れよう!と・・・。」

飲食業をクリエイティブ業として捉え歩む18年目、お弁当も、カフェも、アイスも、珈琲も、ハンバーガーも、勿論!デザイン業も同じく、私達の「モノ作りの基礎」です。
これから、関わってくるメンバーの皆様、共にクリエイティブ業を盛上げて行きましょ。
AIでは出来ない!!もの作り、取り組み、存在価値、価値の創出を・・・美しさを・・・引きだす為に。

From : winwin associa,inc. design room.

2018.03.07

デザインのヒントに・・・

花を眺める時間は、あるか?ないか?感じる時間は、あるか?ないか?
アンテナが立ち始めると・・・様々な自然物がヒントとして変わっていく。
季節でも、色合いでも、花びらの層でさえ、不思議と味方し始めてくれる。

味方って、やっぱり・・・見方だったんですね。
改めて、周りに感謝が溢れます。零れます。

From : winwin associa,inc. design room.

2018.03.02

・・素直に中心を掴むと、

その本質の美しさが見えてきます。
美しさは、「最高の最強のプレゼンテーション!」
これからの時代、益々と次元が大きく美の方に進む。

From : winwin associa,inc. design room.

2018.01.05

2018年の年賀状より・・

私達のスタイル、風土、様式、流儀が、ようやく整え始めてきたような。。。

毎年のように、あっち行って・・こっち行って・・方向性やデザイン性を模索して行く中で、
ようやく『表現していく道』『道理』『ゲン担ぎ』を、薄っすらセンターピンが観え、
これからは、ココを、只管と只管と、一つ上を積み重ね!磨きます。磨いていきます。

そして今年より、特別な50名様に「一つの絵」として、年賀状をお届けしております。

サービス業としての振る舞いを、更に!磨き続けて行く、年始めの「感謝のお手紙(年賀状)」。

From : Happy New Year , 2018. by winwin associa, inc.

2018.01.03

仕事始めの一福。

今年も、事始めの一服(一福)は「花びら餅と大福茶」で福開き・・・。

年末年始にかけて、練りに練った2018年度の計画(一つ上を目指す)目的、目標、行き先へ!
丁寧に!歩んで行く、一歩目、一日目。

From :Started work ! 2018. by winwin associa, inc.

2018.01.02

ココ掘れ!ワンワーーーン。

皆様に、福を運べるように、益々と元気に!楽しく!一つ上を磨き!取り組んでいきます。

酉年同様、バタバタした感謝の多い一年でしたが、戌年も、感謝の多いワン年でありますように、みんなで!走りまわったり、掘ったり。「ココ掘れ、ワンワンで!ワンワンワン、ワン、ワンワン。ワーン。」

From : winwin associa,inc.

2018.01.01

これからの目印に!矢印に。

年末、メンバーの誕生日に、ケーキを買いに行った際・・「出逢う一枚の絵、そして、胸に響く言葉」。
2018年度からの「目印」に「矢印」に、この考え方を羅針盤として一歩一歩と歩みます。

本年も、何卒、宜しくお願い申し上げます。

From : Our slogan ! 2018. by winwin associa,inc.

2017.12.27

ハッピーバースデイ!

12月、お誕生日の方々が、不思議と、身近(メンバー、関係者)に、20名程、いらっしゃいます。

良いお年を~!と、年末のご挨拶と同じぐらいに、「お誕生日!おめでとーーーーーう。を、日ごとに、お伝えしてます。」ですので、どの月(ツキ)よりも、めでたいツキ(月)なのです。

From : winwin associa,inc.

2017.09.29

恒例、夏のバカンス・・・

「お休み有り難うございます。」「本日より、日常(仕事モード)に戻ります。」「モルディブは雨期が懸念されていましたが・・・、いつも通りお天気に恵まれ素敵なトリップとなりました。」「シーズンオフで宿泊者も少なく、海とホテル以外何もない所なので、特に何もせず贅沢な休日を取ってきました。」

っと・・・毎年、メンバーの一人が素敵なバカンスのひと時を案内してくれます。

私達の仕事は、飲食業とデザイン業なので、どうしても・・・世の中がお休みする時が忙しい事が多いので、盆休みの取れない人は、残暑休みとなり、残暑休みが取れない人は秋休みとなり、売り場やシーズンの忙しさによって、ずらしながらお休みのバランスをとっております。ですので、世の中の休みと合わせられなく、寂しく感じる時もありますが・・・、逆にこの様にシーズンをズレる事によって多くの特典もあります。それと、もう一つ・・・天候が味方してくれる事は、ただただ・・願うしかありません。

でも毎年、いや十数年バカンスの案内を受ける度「天が味方する強さ!」そして・・毎年のように言葉を交わします。普段、本当にお仕事を良く頑張っているから、天は味方してくれるんだな~って・・・

私達、社の習わし?と言いますか・・・自分やご家族や親御さんや後輩達に、ご褒美したことをみんなに!報告するような習慣があります。所謂、分福です。有り難い事や嬉しい事を伝えあう喜びの分福です。「自分自身に日頃の労いに福を届けたり!ご家族や親御さんに福を届けたり!後輩達をご馳走したり!などなど・・」素敵なご褒美をご紹介しあう姿は、いつの間にか一人ひとりの福の価値が上がっているように思う事です。毎年、癒された風景を戴く南国のご褒美、本当に有難い素敵な報告です。

モルディブの風景を戴き、観て、感じて、イイね~。と、互いに癒される合う関係性(ウィンウィン)。
毎年ですが、旅の福を分けてもらうなかで「本当に、癒されました~。ありがとう~。」

From : winwin associa,inc.

2017.09.22

受け継がれる自然の営み

のように、奇跡の繋がり、奇跡の積重ね、奇跡の営み、花を通じて・・・

残暑から、秋へ、風の音に耳を傾け、新しい種(思い)が、益々と営みに活かされますよう・・
季節の変わり目を大切に過ごす。大切に取り組む。大切に届ける。大切に育む。奇跡を大切に、日々。

From : winwin associa,inc.

« Previous | Next »