Home > Gelato no Coto
2019.08.15

ピスタチオの美味しさは・・

焙煎し、即、ペーストに仕立てたばっかりの状態(素材)に、勝るものはない!!が、私達の基礎でもあります。勿論、ピスタチオ自体の特性や品質も、大切であり、重要です。

ミコボジェラートでは、純粋に、素材そのまま(黄金比のブレンド)最高の味わいを求め!表現しようと取り組み続けています。作れば、作るほど美味しくなってきていると、マニアックなメンバーからも多くの期待を受けています。・・・それは、何故か?と考えると、やっぱり、手間は嘘をつかない!手間がかかれば、かかるほど、美味しくなっているからです。

イタリアのジェラート屋さんで、ミルクやピスタチオは・・・そこのお店のレベルを決める!ところがあるの中で、イタリア好きのメンバーは、ある意味厳しい鬼コーチでもあります。

仲間の気持ち、耳を澄ませ、それに応えようとする使命感。

私達のピスタチオの追求は、まだまだ始まったばかりです。

鬼コーチ達と共に、1年後、3年後、5年後、10年後、美味しくなり続けているピスタチオを想えば思うほど、ワクワク感!ドキドキ感?ニコニコ感は出っ放しです。

From : Micobo Gelato & Ice Cream Factory.

2019.08.11

リスペクトし続け30数年・・、

たまたま、洋服屋さんに立ち寄った際、

ニヤリと、ちょうど、本日入荷したんですよ!って・・・?

ヴァニラとチョコクッキーのTシャツ、感謝を込め購入。

素直に、長い期間に渡り、好み、どれだけの量のアイスを、カップの数を食べてきただろう・・?きっと、リスペクトする分だけの数を、ハートを、頂戴してきたように思います。

そして、このブランドの存在こそが!

スモールバッチで作る私達、ニッポンのアイスクリームが、益々と磨かれ、輝いていかなければならない!っと、小さな組織ながらも本気で挑み!取り組んでいるのも事実です。

未来、聖地、アメリカの本土の流通に乗り、

このカップが陳列され、沢山の方々に喜ばれる事を夢見て!

リスペクトに、素直にお返し恩返しできるとするならば・・、

この道、この夢と、志し高く、信念強く、思っています。

From : Japanese Ice OUCA. Respec ice cream and T-shirt.

2019.07.27

青果市場で一目惚れしたような

・・・不思議な感じでした。

誰が何と言おうとも、ココと、ココの方々と、お取引(お付き合い)が出来るまで、果物の使う量を出来る限り増やして行こう!と言う目標、課題でした。

ですから、グッと我慢して、配達してくれる青果問屋さんや八百屋さんには、一切、目もくれず、単純なんですが「一目惚れ(インスピレーション)と取引できる事を信じこみ・・・」。

その光景は、今でも目に焼き付いてますが昨年末、市場の近くにある会社さんに、ご挨拶に伺う際、折角だから青果問屋さんの御縁を探りに、市場に立ち寄った時、不思議と、どの店舗も気にならず、不思議と奥へ奥へ、引き寄せられるように奥へ!歩き続けた先で、ココにあるキウィ、いま買えますかっ?

どぉーぞ、どぉーぞと、お婆ちゃんの大きく、優しく、引き寄せる満面な笑顔。そして、温かく笑顔で、気を配ってくれる奥様の振る舞い。そして、愛想よく、ニコニコと笑顔で向えいれてくれた娘さん達。 又、どの方も感じよく対応してくれるスタッフの皆さま。そして、そして、温かい笑顔の中に、凄い気迫を感じる社長様。正に皆さんが笑顔で向え入れてくれました。

キウィを買っていく帰り道、目を合わせ言葉が重なるように・・、 絶対!あの方々とお取引して戴けるように頑張ろう。って、半年、一歩一歩と、高くても近所の果物屋さんや百貨店等で 購入しながらも、少しでも、量を多く使えるようになってから、 お願いに伺おうと決め、励み続けました。きっと、市場の青果問屋さんにしたら、微量なんだと思うのです・・・

でも、快く笑顔で、お取引を始めてくれた事に感謝してます。

改めて、素敵な御縁を戴けた事を、強く確信しています。

そして何よりも、ご家族の皆様で、お店にご訪問を頂いてから、 果物が届いてから、お陰様で、本当にお陰様で、 お店の方は、正に、笑顔が多く溢れ、有り難い道に入りました。

日頃、笑顔に包まれている果物達に、私達も仕える有難さ。

笑顔の多い所から、物を入れなさい。買いなさい。と・・・

よくよく教わる意味が、少しずつ解ってきたように思います。

青果問屋さんの名前?一目惚れの相手ですから・・内緒で。

From : Ice Cream Factory. ”love at first sight”

2019.07.20

バナナシェーキ、予約賜り。

思い返すと、恵比寿でも、そうだったんですが・・・京都でも、同じような夏の現象があります。定期的にバナナシェーキを飲み続ける方々が本当に多くいらっしゃいます。

血圧調整に、バナナは、とてもイイと聞きますが・・・

きっと、身体(腸)は解っているんだと思います。

ココまで、濃厚で純度の高い!バナナシェーキ存在しません。

バナナ、そのモノですが・・・それはそれは、黒糖も加わり、シェーキになれば、夏の身体が喜ばないはずがない!正に、奇跡のバナナシェーキです。

さてさて、ここ最近、「くまちゃんかき氷」の賑わいで、狭い店内は、なかなか入りずらくなっているかと思いますので、事前に、ご連絡を頂戴できればご用意させて戴きます。

お名前、何時、何分頃と、ご連絡を戴ければ、ご対応します。

このブログを見た東京のお客様や東京のメンバー(お姉ちゃん)とかは、きっと、飲みたーい!って思っているはず、シェーキを急速冷凍してみて、お姉ちゃんにテスト的に何度か送ってみて、大丈夫そうでしたら、青汁やスムージのような定期購入できるような?ご案内できたらイイなーと、アイスクリームのアトリエメンバーと模索中です。

From : Japanese Ice OUCA.

2019.07.11

工場の真ん中にシャンデリア。

欧州を中心に世界中の食品工場を周られてる商社の方や、外資系の検査キッドを販売している方に、食品の工場(ファクトリー)で、印象に残る素敵な工場は、ありましたか?の質問に、

同じように、スイスやフランスやドイツの話がでてきました。

きっと、欧州の方は、空間、空気感、働く環境が素敵でないと「美味しい物質」や「新たな美味しい創造」が生まれてこないと思っている人が多いようです。ですから、本当に、空間が可愛いし、備品がお洒落だし、働く人達が、凄く!楽しく!誇らしげですよ。

と・・色々と聞かせて戴き、ワクワクしながら生まれた工場です。

当初は、鴨川沿いで、鴨川を眺めながらアイスクリーム製造をするのがイイなーと、思っていましたが、結果的に、不思議と、有難く有難い、御縁のもと、ココの地に辿り着き、私達のアイスクリームの夢や希望やお役目と「有り難い沢山の種」が用意され!!

その土壌に大事に種が蒔かれ始め、物語が進み始めてます。

工場のシンボル的な表情、これも不思議に創業前から、準備?

ココに来る為に用意されていたシャビーシックのシャンデリア。

From : Ice Cream Factory. Kyoto Tominagacho.

2019.06.22

梅の収穫時期は、大忙し。

仕事が色々と重なる時期にもかかわらず、尚一層の忙しさ、次から次からと・・・ヘタとって、洗浄して、ショックフリーザーでキンキンに冷凍して、氷砂糖と仲良く容器の中で交わってもらい、涼しいトコロで、一先ず、ゆっくりしてもらいつつ、時より、様子を見つつ、回して?振って!振って!振られて!出来上がりを待っているようです。

一部は、梅シャーベットになる予定ですが・・・ほとんどは、各店舗のみんな!に届けようと準備中のようです。暑い日、特製の梅ソーダで、みんなに元気を届けようと計画中!!

From : Ice cream Factory.

2019.06.12

ラッキーカラーで、気がツキ。

四条河原町の喧騒から少し離れた筋、通り、仏光寺通りを西に入り、少し歩くと真っ白な空間が表れ、真っ白なコンクリートの立ち上がりをすり抜け、真っ白なアンティーク扉が出迎え、そして、ピッカピカに磨かれ輝く真鍮の取っ手を、ゆっくり拓くと、そこは「一日中、一年中、ニッポンのアイスクリームやイタリアンジェラートを、没頭してモノ作りに励む事ができる世界です。」「正に、美味しい世界観です。」

私達は、モノ作りをするなかで、いつも、心掛けている美の学び、活け花、日本文化にも、イタリア文化にも華を通じて彩りを学び教わる(気がツキ)感性の一つ、

工場のラッキーカラーは?お店のラッキーカラーは?

カラーから「気がツキ」を、素直に教わる場面でした。

From : Ice Cream Factory.

2019.06.07

青リンゴとミントのソルベ。

ローマ、想い出の一品を再現、再構築。

メンバー二人がイタリアの旅も終盤に迫るなか、ちょうど京都本社にイタリアの輸入関係の方が訪問される中で、ローマでお進めのジェラートショップありませんか?から始まり・・・

輸入担当者に、超ーーーーーーーマニアックの方が居るので、その場で聞いて戴き、ローマだと、ココに行くとイイですよ。って、ご案内を戴き訪問してきた時の味わいです。

イタリアのジェラートショップを沢山周ってきた二人の中でも・・・ココは、突出して美味しかったお店のようです。

その中でも、「青リンゴとミントのシャーベット」は格別で。

再現、再構築を目指して、あーでもない。こーでもない。と、何度と繰り返す中で・・訪問したメンバーの一人が工場に手伝いにきた際、再度、ミントの処理を気が遠くなるような感じでしたが、一枚一枚、丁寧に刻み、香り活かし、練り混ぜる事で・・・、メンバーの声はテンションが上がり「それ以上ーです!」「めっちゃ美味しいーです!」

そして、もう一人のメンバーも工場に遊びに来た際、満面の笑みで、うーん、超えてます。間違えなく!超えてます。めっちゃ、美味しい―イイ。止まらない―イイーーと。

では、神戸御影のミコボジェラートまで、どうぞ。

From : Ice Cream Factory. Micobo Gelato.

2019.06.02

京都、寺町仏光寺、東入ル、

真っ白な避暑地で「黒糖バナナシェーキ」を、飲む?吸う!

最初に、サクサクの黒糖やバナナをつまみつつ・・・、

そして、黒糖やホイップクリームを、全体に混ぜ混ぜしつつ、

混ぜ混ぜしつつ・・、吸う。混ぜ混ぜしつつ・・、吸う。

日陰の縁側で、風を感じつつ、京都の初夏をご堪能下さい。

From : Japanese Ice OUCA. Kyoto tominagacho.

2019.05.23

ニッポンの日、イタリアの日。

両方の日も、たま~に、ありますが。

ニッポンの日は、餡子を炊く香り等が立ち込めます。

イタリアの日は、エスプレッソの香り等が立ち込めます。

その日の香りで、「アイス曜日(ニッポンのアイスクリームを製造する日か?イタリアのジェラートを製造する日か?)製造の楽しさ!」が解るようになってます。

From : winwin associa,inc. Ice Cream Factory.

From : Japanese Ice OUCA & Micobo gelato.

2019.05.04

ミスした扉の奥に幸運の扉。

開業前、最終撮影の日程がせまるなか・・・

明日午前中から、撮影をしなければ、DMとチラシの原稿が間に合いません!っと言う合図から前日に準備を始めるモノの「ウェハースが見当たらない?」「買っていたウェハースどこに??」「どこに行った?」「誰か知らない?知らない・・?」

アイスクリームファクトリーのメンバーが、「ごめんなさい。食べてしまいました。。。」「うっそー!!」と、デザイン室のメンバーが大騒ぎするものの金曜日の夕方、どこにあたっても、あたっても、総出で、あたっても、業務用だから、手に入るのに時間がかかって、明日には、間に合いません。

少しあきらめかけたなか・・・で、輝き発する携帯画面、

そこに、一軒のウェハース屋さん、50年以上?100年?焼き続けているウェハース屋さん、でも対応してくれるかな?と、恐る恐る連絡をするものの、明日の午前中、大丈夫です!って聞いた際、あ!ココ、ココに辿り着く事だったと気がつく。

このウェハースに出逢う為に、前日にドタバタ劇を、みんなに用意されいたんだ!と・・・ふっと浮かび、有難く、有難く、この御縁に、繋がりに感謝を致しました。

「ミスがなければ、出逢えなかった素敵な御縁。」

不思議と、昨年から、続く、一つ奥にある有り難い「扉」。

From : Micobo Gelato & Ice Cream Factory.

2019.05.03

いつも、季節の花を感じて。

デザイン室のメンバーが、週一回、五条の花畑で、お花を摘み、アイスクリームファクトリーに、♪・・♫・・スキップしながら・・・季節の花を盛り付けに訪れます。

店舗のデザインから、パッケージのデザインから、広告のデザインから、そして、工場のインテリアとともに植物も楽しんで下さい!って、粋のおはからい「これも!デザイン」です。

季節の花を味わいながら、季節のアイスクリームをデザイン。

私達のアイスは、様々なデザインより繋がってきてます。

From : Ice Cream factory & Design Room.

2019.05.01

縁起良く、令和に、雀さん。

本来は・・・2か月前頃に、届く予定になっていた雀さん。

少し遅れます。と言うお手紙から・・遅れに、遅れて・・、

令和、5月1日に、虹と合わせて、ようやく!辿り着きました。

もしかすると・・・、遅れてるんじゃなくって、

祝日「令和」に合わせて、ココに、来たんだねー。

ようこそ!京都富永町、アイスクリームファクトリーに。


From : winwin associa,inc.Ice cream factory.

2019.04.28

お茶企画、始めました。

姉妹店のミコボジェラートの準備等が重なり、お茶企画のスタートが少し遅れてしまいましたが、ようやく、お茶アイスを点てる(攪拌)季節へ!と、取り組み始めます。

先ずは、私達の代表シェーキ「抹茶」と「ほうじ茶」。

ニッポンのアイス屋のお点前、是非!お試しくださいませ。

From : japanese ice OUCA. Kyoto Tominagacho.

2019.04.21

満面の笑み。

ジェラートから発する「微笑み」「スマイル」感じるでしょ!

ミコボジェラートの表情を見て、あ!笑ってるー。って・・・

微笑んでるー。ほんと、イイ顔してるよねー。って・・・

チョッと照れていますが・・・ほんと、カワイイー。

本当に、可愛い。「では、もう一度、ハイ!ポーズ。」

From : Micobo gelato.

« Previous | Next »