Home > Cafe no Coto
2018.01.27

カフェでポッカ~ポカーー

ーーと、温まった帰りに、寂しくなった口元に「湯上りキャンディ」は、如何ですか?

お土産にも喜ばれるように装いも変え、
パッケージを、ブック型に変更して販売を再スタートしました。

では、口元のお供に、京都の飴ちゃん、どうぞ。

From:cafe style resort Saganoyu.

2018.01.24

旬、嵐山の温もるお土産です。

寒くなってきましたねーーー本当に。京都も、底冷えして・・寒い中、温もりのご案内です。

昨年、12月から販売開始した!この季節に、ピッタリの嵯峨野湯のお土産「招き入浴両(入浴剤)」です。始まりは、京都旅行に来られて、すっかり旅館が減り、ホテルの宿泊で観光が支流になっていく中で・・、年に1、2回、出張で京都に来るメンバーが入浴剤を持って来ている事がきっかけでした。

ホテルの部屋でも、ゆっくり温もりたい気持ち、「元銭湯の嵯峨野湯」で、お届け出来る事は?

ですので、本当はお土産と言うよりも・・観光に来られた方のホテルで温もる用なのです。

是非!京都旅行の際や出張の際に、ホテルのお風呂で「招き入浴両」お楽しみ下さい。

From : cafe style reort SaganoYu , Maneki NYUYOKURYO.

2018.01.20

カフェメンバー募集中です。

業務内容    : カフェの調理・接客・販売 雑貨の販売

時給      : ¥880~ (※研修期間は¥860)

勤務時間   :10:00 ~ 21:00(シフト制)
       (週2~、時間・曜日相談可 ※土日祝日の勤務可能な方を優遇します。)

条件     :カフェ好きのメンバーを、応募ております。
       ・接客が好きな方 ・料理が好きな方・嵯峨嵐山が好きな方
       ・長期勤務が可能な方・週4~5日を考えている方も歓迎
       ・フリーターや学生、既婚者、未経験の方も歓迎
       ・安定的にお勤め戴ける方には、社会保険等もご用意してます。

社員登用   :アルバイトで数カ月間経験を育んで戴き、お互い御縁を感じましたら!
        ※初任給は、20万円からです。(社保含め一通りご用意してます。)

        スタッフご希望される方は、まずお電話にてご連絡ください。
        もしくは、カフェ嵯峨野湯にお越しの際、お声を掛けてみて下さい。
        もしくは、履歴書をお店の方にお送りください。追って、ご連絡します。

        〒616-8366 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺今堀町4-3
        カフェスタイルリゾート 嵯峨野湯 TEL:075-882-8985( 担当:田中)

From : cafe style resort SaganoYu.

2018.01.16

カフェ、冬の過ごし方。

観光で冷え切った身体を、一先ず!林檎のポタージュラテ?安納芋のポタージュラテで温もって下さい。
また、少し小腹が空いているようであれば、季節限定「林檎のパンケーキ」で、甘み補給を、どうぞ。

補給がてら、お友達とチョッとちょと分け合いつつ、京都散策、楽しんで下さい。

From : cafe style resort SaganoYu.

2018.01.12

お昼、パスタで過ごす。

京都嵯峨嵐山も、グッうんと、寒さがきつくなってくる中で、ポッカポカの嵯峨野湯で、
・・・観光前に、・・・観光途中に、ランチタイムをパスタ!!「冬の献立」となります。

嵐山名物の「お豆富パスタ」も、ご用意しております。温もって行って下さい。

From : cafe style resort SaganoYu.

2018.01.09

寒い季節、旅先で戴く・・

カフェ時間、気持ちイイ陽ざしが、寒い中、歩き疲れた身体に元気を充電してくれます。

時間帯にもよりますが、2階の窓際で、一息して行って下さい。
お風呂場だった空間も、陽ざしが差し込んで気持ち良いですよ。では、嵐山をお楽しみ下さい。

From : cafe style resort SaganoYu.

2018.01.06

感謝の気持ちを!桐箱に。

昨年末、ミカゲコーヒーラボの5周年で、有馬温泉で親しまれている炭酸せんべいとコーヒーをお配りさせて戴いたのですが、開業以前から色々とご相談に乗って戴きながら、大変ご尽力を賜りました方々に、5周年のタイミングで、感謝が届けられず、お届けできず・・・

年末年始と、気になり、気になって・・でも、コーヒーを扱う会社の皆さんだから、炭酸せんべいとコーヒーだと・・・な~?悩み、そこで、有馬温泉ほどではありませんが・・・、
京都、嵯峨嵐山の姉妹店の「嵯峨野湯で人気の招き入浴両」を御贈りしよう!と言う事になりました。

であれば、サプライズで、特別な包装をお願いして、『桐箱で!入浴両』この寒い季節にピッタリ!!
テンション上がるな~と、皆さんの表情を浮かべると、驚き!笑顔!大爆笑!の想像ができたので・・
さっそく、嵯峨野湯のデザイン部に、特注品「越後屋バージョン」をお願いしたところ。。。

これで!どうですか~って、御贈りする側も、「ヤバイ。」「これ、ウケるー。」テンションが上がるー

「悪代官さんと越後屋さんの気持ちーー解るーーー!」って、新年、早々、福笑いしながら、
逆に、贈る側も輝きを戴いたように思います。きっと、この温もり喜んで戴けるな~本当に、有り難い。

From : Mikage Coffee Labo & cafe style resort SaganoYu.

2017.11.25

嵐山、夕方からのカフェ時間

抹茶ラテをカフェオレボールで、どうぞ。
いもくりポタージュラテを温もりカップで、どうぞ。
甘いものは、自慢の季節のパンケーキを、どうぞ。

嵐山の嵯峨野のカフェ時間。
京都旅行の一頁に「嵯峨野湯」で、カフェ湯。

From : cafe style resort SaganoYu.

2017.11.23

嵐山散策前の山カレーどうぞ。

カレー、美味しそう~って、スプーンに写りだす「お腹ペコペコの二人」、我慢できないようす、

早く!腹ごしらえして、竹林でしょ。。天龍寺でしょ。。大河内山荘でしょ。。渡月橋でしょ。。きっと、ココだけでも、けっこう時間かかるよ~。「一先ず!戴きまーーーす。」

帰りに、パンケーキ食べに寄る・・?何時まで、営業してますか?ハーーーイ、7時半ラストオーダーで、8時までとなってます。「はーーーい。帰りも寄りますねー。」「有難う御座いまーす。」

From : cafe style resort SaganoYu.

2017.11.21

美味しい重力のお弁当!!

美味しい食材たちを重ねて、「 包んで ~ ♫  結んで ~ ♪ 」って鼻歌でリズムを取りながら・・・
凄っごい速さで!!包んでいきます。結んでいきます。まさに!職人技です。

美味しい秘密は、きっと、この速さの中にもあると想います。
※ジャパベンの秋は、重力×速さ×熱×圧力で・・・包んで結んで、秋の企画弁当です。

そうそう・・・中身がどう?なっているか・・・一挙公開です!!美味しそうでしょ~。ねぇ!

From : Japaben , Shiodome & Otemachi.

2017.11.19

温もりカップで温まるシーン。

夕暮れ、頬にあたる嵐山の風が冷んやりと感じる帰り道・・、

てくてくと・・JR嵯峨嵐山駅に戻るなか、
元お風呂屋さんの温もり湯、嵯峨野湯の「特製ポタージュラテ」で、寛いで行って下さい。
嵯峨嵐山の「旅の思い出」をココで温もりながら保存して行って下さい。

From : cafe style resort SaganoYu.

2017.11.09

チョッと、入り口が解りづらく

・・・なっておりますが、灰色のフォローがかかっている工事現場の奥を、
覗いて戴けますと・・・真っ白な清々しい暖簾が出迎えてくれます。

嵯峨嵐山の秋晴れ!真っ白なカフェスタイルリゾートの世界「嵯峨野湯」でお過ごし下さい。

※JR嵯峨嵐山駅から、天竜寺の方へ向かって歩きますと、このような表情が出迎えます。

※天竜寺の方から、JR嵯峨嵐山駅に向かって歩きますと、このような表情が出迎えます。

From : cafe style resort SganoYu.

2017.11.03

嵐山、腹ごしらえの献立。

嵯峨嵐山と言えば・・お豆富、銭湯をリノベーションした嵯峨野湯と言えば・・・お豆富パスタ!です。

でも、お豆富は・・昨日、南禅寺の方で・・と言う方には、地元の方に人気のお漬物パスタ「タコとしば漬けのパスタ、如何ですか?」レモンをギュッと絞って戴く、お漬物好きの方には、たまりません。

いや~京都でお漬物は、沢山戴いたよ~っと言う方は、トマトやクリームのパスタもご用意しています。又、開業当初より人気の!香辛料やフルーツをたっぷりじっくり煮込んだカレーもお勧めです。

えぇ!あ!そうですか~お昼ご飯は、渡月橋のそばでって予定されているのであれば、是非!帰り道の駅を、「嵐電嵯峨駅」か「JR嵯峨嵐山駅」にして戴き、帰りがけにパンケーキでカフェ時間、如何ですか?

心より、イイ!(カフェの)湯をご用意してお待ちしております。

From : cafe style resort SaganoYu.

2017.10.27

暖簾をくぐった奥は・・

天井高く・・白タイル、白トタンでおおわれた空間、
嵐山の旅に訪れた方々の喜びの声で響き合う・・・
まるで、まるで、そこは昔の銭湯のような寛ぎ、賑わう空気感。

さらに奥に進んでいくと心地よい真っ白なテラス、そして2階にあがると、又そこも、白に覆われたゆったりとした異空間、観光で歩き疲れ、旅の一息、どうぞ、ひっそり佇む嵯峨野湯で、お楽しみ下さい。

そうそう・・、カフェで嗜む「お抹茶」のお味も・・、これはこれで、格別ですよ。
21世紀に繋がる「これも、京都のお味です。」

From : cafe style resort SaganoYu.

2017.10.25

風景を持ち帰る嵐山土産。

嵯峨野湯の「特製、黒糖銅鑼焼き」黒糖の生地に、餡子をしっかり詰め込みました。
それは・・・、勿論のことなのですが、
この時期、期間限定の”もう一つの特徴”は、嵯峨嵐山の風景をしっかり詰め込みました。

嵯峨嵐山の凛とした空気感と景色を、銅鑼焼きと共に、どうぞ。

私達から「秋、期間限定のお土産」を、ご案内まで。

From : cafe style resort SaganoYu.

« Previous | Next »